(株)エス・ディー・エフインテグレーション(TSR企業コード:296442488、法人番号: 6011001039673、千代田区神田須田町1−3、設立平成6年7月、資本金1100万円、小島広之社長)は12月5日、東京地裁から破産開始決定を受けた。破産管財人には吉久保信一弁護士(田中齋治法律事務所、千代田区麹町4−3−1、電話03−3230−0137)が選任された。
 負債総額は債権者112名に対して約2億8700万円。

 代表の小島氏が音楽業界で培ってきた経験を活かし、音楽イベントやスポーツイベントの企画・運営の請負業務を行ってきた。パートナーシップを結んでいたプロバスケットボールチームのマネージメントやホームゲームの企画運営、ラグビー、アメリカンフットボールのイベント運営、演出などの実績を有していた。
 リーマン・ショック時の広告宣伝費の縮小や東日本大震災後のイベント自粛などの影響から一時経営不振に陥ったが、平成25年から全米最大規模のダンス・チアイベント「JAMFEST!JAPAN(ジャムフェスジャパン)」の日本興行を手掛け東京、大阪、名古屋で開催し、27年2月期は売上高2億404万円をあげていた。
しかし、大型イベント開催時の資金負担などが重かったうえ、興行収入が伸び悩むなかで利益確保が難しく厳しい経営が続いていた。また、過去の赤字から債務超過に陥っていて、資金繰りも限界に達し今回の措置となった。