1

アメコミの悪役が大集結した映画「スーサイド・スクワッド」が2016年9月10日に公開され、キュートでセクシーなハーレイ・クインはハロウィンでも仮装する人が多数いるくらい人気を得ました。スーサイド・スクワッドで監督・脚本・製作を務めたデヴィッド・エアーが、今度はアメコミの女性悪役だけを集めた映画「Gotham City Sirens」を作ると報じられています。

'Gotham City Sirens' Movie: David Ayer, Margot Robbie Reteam for All-Female DC Villains Project (Exclusive) | Hollywood Reporter

http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/gotham-city-sirens-movie-david-ayer-margot-robbie-reteam-all-female-dc-villains-project-

Hollywood Reporterが報じたところによれば、デヴィッド・エアーが、ハーレイ・クインを筆頭としたアメコミの女性悪役が大集結する映画のプロジェクトを始動させているとのこと。Gotham City Sirensでは、前作から引き続きマーゴット・ロビーがハーレイ・クインを演じ、そのほかにはバットマンに出てくるキャットウーマンやポイズン・アイビーが登場するそうです。



脚本は、リメイク版「トゥームレイダー」や「シャーロック・ホームズ3」の脚本家として名前が上がっているジュネーヴ・ロバートソン=ドゥオレットが担当。スーサイド・スクワッドは、全世界で約7億4500万ドル(約858億円)の興行収入をあげ大ヒットとなりました。

また、スーサイド・スクワッドのキャラクターのデッドショットを主人公に据えたスピンオフ企画が進行中との話もあり、どちらも今後の展開に注目です。