シーザーの運命はどこへ向かう? 『猿の惑星』日本上陸決定!
 - (C) 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation

写真拡大

 傑作SF『猿の惑星』の前日譚(たん)『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』『猿の惑星:新世紀(ライジング)』に続くシリーズ最新作『猿の惑星:大戦記(グレート・ウォー)』が2017年に日本公開されることが決定し、シリーズの主人公でもある猿のシーザーが警告を発する特報動画が公開された。

 人類への警鐘にあふれたテーマとエモーショナルなドラマ、驚異の映像技術で描かれる猿と人間の衝突を描き続けてきた同シリーズ。第3弾となる『大戦記(グレート・ウォー)』では、人間の実験によって高度な知能を獲得し、人を愛する心を持ちながら、自由を獲得するためリーダーとして戦う猿、シーザーの葛藤をさらに掘り下げる。

 地球の支配者としての生き残りをかけた猿と人間の戦いは、過去にないほど激化。その戦いの裏で、シーザーは大きな喪失感に苛まれながら、おのれの種族を率いて再び立ち上がる。われわれの“人間性”を定義して創り上げているものとは何か? その人間性はシーザーの内に育つのか? シリーズを通して描かれてきたテーマにも注目だ。

 パフォーマンスキャプチャーでの撮影が難しいという、雪上での撮影が行われた本作。公開された映像では、それを象徴するように吹雪でシーザーの輪郭が表現され「逃げろ…戦いが始まる前に…すまない…戦争が始まる」というセリフが。シーザーの葛藤が読み取れると同時に、地球の未来の運命を左右する大激闘が描かれることを予感させる。

 パフォーマンスキャプチャーでシーザーを演じるのは、前2作でも彼を演じたアンディ・サーキス。『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのゴラム役や『キング・コング』のコング役など、同分野の第1人者としてその演技に期待がかかる。その他、『ジュラシック・ワールド』のジュディ・グリア、ウディ・ハレルソンら実力派キャストが出演。監督は前作に引き続きマット・リーヴスが務める。(編集部・入倉功一)