イ・ビョンホン、映画「それだけが私の世界」への出演を“前向きに検討中”

写真拡大

俳優イ・ビョンホンの次回作として映画「それだけが私の世界」(仮題) が有力だ。

14日、イ・ビョンホンの所属事務所であるBHエンターテインメントはマイデイリーに「イ・ビョンホンが映画『それだけが私の世界』の出演を前向きに検討中だ」と伝えた。

「それだけが私の世界」は盛りを過ぎたボクシング選手とピアニストの弟のストーリーを描く作品だ。

これを受け、イ・ビョンホンは「マスター」の公開を控えた時点で、2017年「シングルライダー」「南漢山城」の公開、そして次回作の選定まで休まず役者としての活動を続けている。