苦手なものを食べてもらうには

写真拡大

【すくすく子育て】(Eテレ)2016年12月10日放送
「困った!子どもの偏食」

好き嫌いなく、何でも食べてほしいのが親心...だが、好きなものしか食べない、濃い味が好き、野菜を嫌がるというのも、子供の「あるある」ではないだろうか。

番組では埼玉医科大学総合医療センター新生児部門の小児科医、加部一彦氏と、帝京科学大学の上田玲子教授をスタジオに招き、子供の偏食について、親たちの疑問に答えた。

いっぺんに出すのではなく「フルコース方式」で

神奈川県の松木將翔(まさと)くん(2歳2か月)は、弟の楓雅(ふうが)くん(4か月)が生まれる少し前から、急に野菜を嫌がるようになった。

お母さん「1歳8か月頃から、野菜で作られたものは『いらない』『違う』って。前はみそ汁に野菜を2種類くらい入れてあげていた。大根が好きで、つまんで食べていたけれど、最近はそれも『いらない』と」

ある日の食卓には、チャーハンと唐揚げ、トマト、ブロッコリー、切り干し大根が並んだが、野菜類には目もくれず、唐揚げにまっしぐら。結局唐揚げだけ3回もおかわりし、野菜には手を付けなかった。

加部氏によると、2歳前後は自我が芽生える年齢で、それまでは出されていたものを何でも食べていたのに、突然嫌になるケースは多いそうだ。

上田氏からは「味の5原味」というワードが出た。

上田氏「甘みは『エネルギーがある』、うまみは『タンパク質がある』というお知らせで、塩味は体の塩分バランスを取るために必要なので、おいしいと感じるようにできている。酸味は食べ物が腐った味なので恐怖を抱く。苦味は生物界では毒の味なので危険を感じて嫌がる。特に青い野菜は苦味が多いので、子供は本能的に嫌がる」

松木さんは友人から「大きめに野菜を切って噛んで食べさせるようにした方がよい」とアドバイスされ、トマトやブロッコリーを大きめに切って出していたが、これが食べないことにつながっているとの指摘も。

上田氏「嫌いな味を食べにくくしてしまうとさらに食べなくなるので、食べるようになったらだんだん硬く大きくしていった方がよい。好きなものなら大きめに切ってあげて大丈夫」

「フルコース方式」で食べさせる方法もアリだ。

上田氏「いっぺんに出してしまうと子供は好きなものから食べるので、お腹がいっぱいになって、苦手なものは『もういらない』となってしまう。食べさせたいものを先に出して、それを食べたら次、という風に、順番を考えてもよい」

今年7月の半ばから9月の終わりくらいまで、2週間に1回くらい風邪を引いていた將翔(まさと)くん。野菜不足が原因なのかという心配もあるようだが、加部氏は「直接は関係ないでしょうね」という。

加部氏「この時期は体を守る免疫の力も弱いので、保育園など集団の中に行き始めると周りの病気をもらってくる。それで免疫が発達してだんだん風邪を引きにくくなってくる。2歳前後に限定して言えばあまり関係ないのでは」

1歳過ぎたらストローマグは卒業

埼玉県の荻野結太(ゆいた)くん(2歳1か月)には、この4月から育児休暇を取っているお父さんが食事を作っているが、好きなものばかり食べてしまうのが悩みだ。

お父さん「確実に食べるのは牛乳、パン、ぶどう。パンを3食、牛乳を3回、ぶどうも下手したら3回...という状況がほぼ毎日」

ある日の食事は、お父さん手作りのほうれん草入りチヂミにツナサラダ、そしてデザートの梨だった。結太くんはすぐ梨に手を伸ばし、チヂミとサラダには全く手を付けず。お父さんが差し出しても首を振って嫌がり、牛乳を欲しがった。結局この日も牛乳、パン、ぶどうなど、好きなものだけを食べた。

加部氏「2歳前後は極端な偏食に走りやすい時期。今はその最中なので、しばらく付き合ってあげないといけない。『何でこんなのしか食べないの?』というものにこだわりが出ることもある。以前ご飯と氷しか食べない子がいて、半年くらい続いて『大丈夫か?』と思っていたが、ある時期を過ぎたら何でも食べるようになった。期間限定の行動だと思う。その中で隙を見て食べさせるなど、工夫も大切」

好きなものをたくさん食べさせてもよいが、それだけを食卓に並べるのではなく、ほかの食材も並べるなど、あきらめずに食べさせる努力も続けるべし。

栄養の偏りについても、特に心配はないという。

加部氏「体重が増えなかったり、どんどん痩せていたりというわけではないですよね。ちゃんと子供は育つ。基本的に人間の体は自分を痛め付けないようにできているので、ある程度は大丈夫」

上田氏は、お父さんが1リットルパックの牛乳をストローマグに入れてあげていたのが気になったようだ。

上田氏「飲みすぎてお腹がいっぱいになっていたのかも。2歳前後は牛乳は1日300ミリリットルが目安。小さいパックを買っておいたり、買い置きをしないで、『これしかない、最後だよ』と言ってあげたりするとよい。ストローマグは舌の発達によくないと言われているので、1歳を過ぎたらコップを使って」

親が色々食べさせようと一生懸命になりすぎても、子供にとってプレッシャーになるおそれがある。

上田氏「公園にピクニック気分でお弁当を持って行って楽しく食事するとか、親族と集まってみんなでワイワイ食べているのを見ているだけでも食に興味を持つ。ふと食べたものから広がることもあるので、そういうきっかけを作ってあげてもよい」

家族全員薄味のススメ

東京都の山田沙月(さつき)ちゃん(2歳5か月)は、濃い味が大好きだ。

食が細いのを心配し、もっと食べてもらいたいとソースやケチャップで味を濃くしたら、調味料ばかり欲しがるようになってしまった。コロッケはソースが付いた衣ばかり食べ、ご飯にふりかけをかければふりかけだけを食べる始末。

お父さん「親が(調味料が)好きでかけていたらかけたがって、『ちょっとだけね』って言ってかけたらそこだけ食べる」
お母さん「塩分の摂(と)りすぎで将来高血圧などにならないかと心配」

実は上田氏も濃い味が好きで、子供もケチャップご飯など味が濃いものをよく食べていたという。

上田氏「反省して、家中で塩分を控えた。冷蔵庫を開けても見えないところに調味料を隠した。子供は1〜2週間で慣れてくる。家族全体で薄味にすると、平気で食べるようになると思います。大人の生活習慣病予防にもなる」

食の細さはどう解決すべきか。

加部氏「味の濃いものと薄いものを組み合わせたり、ふりかけをご飯に混ぜてしまったりするとよい。『これを食べないならこっちをあげない』と言うのもある程度必要。自我を通させる時もあるけど、我慢しなければいけない時はきちんと『我慢しなさい』と言ってあげないといけない」