写真提供:マイナビニュース

写真拡大

英国のアストンマーティンはこのほど、歴代モデルの中でも最も有名な1台「DB4 G.T.」を25台限定で完全復刻すると発表した。同モデルの購入者には世界の有名サーキットでドライビングレッスンを受ける機会が提供される。

「DB4 G.T.」は1959年、生産仕様の「DB4」から進化する形でデビューした。搭載される3.7リットル直列6気筒エンジンはよりハイチューンの仕様となっており、当時の英国で最速の市販スポーツカーであっただけでなく、シルバーストーンでのデビューレースではスターリング・モスの手により優勝を飾っている。

同モデルは1959〜1963年にかけて計75台が生産された。そのうちライトウエイト・バージョンはわずか8台で、その現存する車両の取引価格は300万ポンドを上回っている。この8台のライトウエイト・バージョンの設計を忠実になぞって開発されたのが、今回限定生産される「DB4 G.T. コンティニュエーション」だ。

昔ながらの丹念な手作業と現代的な手法を組み合わせることで、同モデルはエンジン性能、ハンドリング、ブレーキ性能、安全性などを改善。その一方で、オリジナルモデルのクオリティや独特のドライブフィール、キャラクターはそのまま残して再現される。

「DB4 G.T. コンティニュエーション」は英国ニューポート・パグネルにある再整備したばかりの近代的な工場で、アストンマーティン・ワークスの手により生産される。デリバリーは2017年の第3四半期から開始される予定だ。

(山津正明)