考え方も生活習慣も違う人々が一緒に暮らしている以上、それぞれが何らかの我慢や妥協をしなくてはなりません。

「世の中の人は受け入れているようだけど、個人的にとても受け入れられないことはある?」と、海外掲示板に質問の投稿がありました。

回答の中から興味深かったものをご紹介します。

 

What do other people accept as part of life that you personally cannot tolerate?

●公共のトイレで便座に粗相をしても、拭かない人がいるってこと。

↑トイレを流さない人も。

●サイコパスが経営者だってこと。真面目にそう思う。

↑彼らがそのポジションになれた理由がある。ヒントを与えると、その理由は周りを助けることではない。

●職場でのいやがらせ。自分には理解できない。
一般人の生活は基本的に仕事に依存する。(アメリカの48%は月給に頼って生活している)のに、ささいなことで誰かに怒鳴られたりするのを無理して我慢しなくちゃいけない。
自分は平気なふりをしているけど、心の内は打ちひしがれて、しんどい。
人間が大嫌いだ。本当に彼らが大嫌い。自分の仕事が大嫌い。カスタマーサービスが大嫌い。最悪の業界だよ。この仕事をしようと考えている人がいるなら、考え直したほうがいい。

●長い通勤時間。

●毎週の残業が普通になっていて、それをしないとまるで仕事を怠けているように見られること。残業はとても不健康で、ストレスや短命につながる。しかも40時間以上を超えると生産性も下がってくる。

●CM。1時間に18分くらいもある。アメリカよ、いったい何を考えてるんだ。

●家族だからという理由で、無理やり巻き込まれること。家族だからって我慢しなくてよい。

●5日オン、2日オフ、5日オン、2日オフ、5日オン、2日オフ。
もうこれ以上は我慢ならない。なんて退屈なんだ。

●自分の人生が仕事で消費されていること。もはや別の仕事を選ぶポイントに来ている。今は生活しているというよりも、摩耗しているような感じ。
そして休みは癒やすために過ごす。仕事がやってくるのは怖いだけである。それが理由で健康状態も悪い。

●道すがら、急にやってきてお金やその他を求めてくる人。そしてあげなかったら、まるでこっちが悪いやつのような態度をとる人間。

●暑さ。生物学的なものかもしれない。ちょうど良い天気が自分には卒倒しそうである。

●毎晩6〜8時間の睡眠で、週に49時間とする。週に40時間の仕事とその準備を入れて、週に50時間とする。
24時間 x 7日 = 168時間なので、そこから引くと168時間中の69時間が、睡眠や仕事にとられていない時間である。
それは幸運な人でも大人の人生の41%にあたる。通勤距離が長い人、自分でビジネスをしている人、家に仕事を持って帰る人(先生やミュージシャンなど)はもっとひどい。そしてそれだけ人生をあきらめても、まだ貧乏な可能性がある。

↑育児を加えてみるんだ。その数字は1桁になる。

●『トラックナッツ』
文明は間違った方向に転換した。
[画像を見る]
(トラック・ナッツ - Wikipedia)

●公共の交通機関で、音楽を大きな音で聴いてる人々。

●マナーのなさ。そんな礼儀正しくすることは難しいのかな?

●有名人と有名人ニュースのチャンネルやメディア。なぜみんながそんなに興味を示すのか理解できない。

●世の中の無秩序さ。
うちのレストランに、先週の土曜日のピーク時間に警察の手入れが入った。ヘリコプターも飛び交う騒ぎだった。理由は外国人従業員が多いため、どこかのバカがこのレストランは違法移民を雇っていると悪意の通報をしたせいだ。
いきなり15人の移民専門の警官が出口を全て塞ぎ、客が食べているところにどさどさと入ってきて、その場を動くなと全員に指示した。

8週間前に巻き戻すと:
マネージャーを含む全員が、新しく導入された人事システムについての文句を垂れていた。全員の身分証明書は1つのところにまとめて集められ、全員の口座詳細、個人情報はセキュリティのしっかりしたところへと移動。この人事システムは全員がプロフィールを作る必要があったので、みんなが時間の無駄だと不平不満を言い、全員にやらせるのはとても大変だった。

そして警察が踏み込んできた場面に早送りすると:
警官たちは会社のPCの前に集まり、静かに人事のWEBサイトの全ての身分証明の書類に目を通し、我々に感謝して、客の邪魔をしないように静かに裏口から出ていった。今ではその人事システムに誰も文句を言わない。整理しておいたことで、その日を救ったのだ。

●公共の場所で注意をしない親を持つ、我慢ならない子供の行動。

●自分の収入の範囲を超えて生活をすることや、支払ってないものがたくさんあるのに、休暇や新しい乗り物やおもちゃをFacebookに載せる人々。

●『計画的陳腐化』
「計画的陳腐化とは、製品の寿命を人為的に短縮する仕組みを製造段階で組み込んだり、新製品を市場に投入するにあたって、旧製品が陳腐化するように計画することで、新製品の購買意欲を上げるマーケティング手法のこと」
(計画的陳腐化 - Wikipedia)

●パートナーのことを悪く言う人。自分は営業をしてるけど、あまりに妻をけなす夫に堪え切れず、その場を去らなくちゃいけなかった。
一生を誰かと過ごしたいなら扱いもよくすべき。

●全てに遅れがちな人々。
自分は必ず15分は早く行くタイプだ。たまに遅れることがあるのは理解できるが、毎回ってのはありえない。笑ってごまかす人々だ。信頼できないことは、おもしろいことではない。

●借金。人生の一部であるべきではない。だけどあまりに一般的で、攻撃的なまでに宣伝され、受け入れられている。

●表裏のある人。なぜテレビ番組のように自分をそこまで作るのか理解できない。自分は正直でストレートな人のほうが尊敬できる。


耐えられないことは人それぞれですが、みんな思うことは結構あるようです。

【「みんなは我慢してるけど、自分は絶対に耐えられないことはある?」回答いろいろ】を全て見る