「イスラム国」の幹部3人が米軍の空爆で死亡 パリの同時テロに関与も

ざっくり言うと

  • シリア北部ラッカで、「イスラム国」の幹部3人が米軍主導の空爆で死亡した
  • 3人のうち2人は、2015年11月のパリ同時多発テロに直接関与していたという
  • 国防総省によると、この3人は欧米に対するテロを計画していた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング