からだエイジング : 忘年会の帰りはコンビニへGO!飲んだ帰りに買える、「二日酔い解消朝ごはん」

写真拡大 (全5枚)

今年もいよいよ忘年会シーズン到来。「この1年いろいろあったね〜」と会話が弾み、普段よりもつい飲み過ぎてしまいますよね。でも仕事はラストスパートに向けて大忙しだから、お酒を引きずっている場合ではありません。

だからこそ、飲んだ翌朝は“朝ごはん”で二日酔いをリセット。飲み会帰りにコンビニで買える二日酔い解消食材で、忘年会シーズンを元気に楽しく乗り切りましょう!

そもそも、二日酔いはなぜ起こる?

体内に取り込まれたアルコールは、肝臓で分解され「アセトアルデヒド」という物質に変わります。これこそが、二日酔いの元凶。アセトアルデヒドは一度に分解できる量が限られているため、あまりに多くのお酒を飲み過ぎてアセトアルデヒドの血中濃度が上昇してしまうと、頭痛や吐き気といった二日酔いの症状が起こりやすくなります。

胃のムカつきや頭痛がひどいとはいえ、二日酔いで仕事を休むのは大人として微妙……。だから飲んだ翌朝は、少しでも早くカラダからアルコールが抜けるよう、二日酔い症状を緩和するのに役立つ素材で朝ごはんを。だるさが残る朝でも面倒くさくないよう、飲んだ帰りにコンビニで買って帰れるものに厳選してご紹介します。

コンビニで買えるもの限定! 二日酔い解消朝ごはん

味噌とオルニチンが効く!「しじみ汁」

しじみに含まれる「オルニチン」は、肝臓がアルコールをスムーズに処理できるようサポート。また味噌にも肝臓の機能を高める成分が多く含まれています。

肝機能活性&だるさを解消!「梅おにぎり」

梅干しに含まれる「ピクリン酸」には、肝臓の機能を活性化させるパワーが。さらに「クエン酸」も疲労回復を促すため、飲んだ翌朝のだるさ解消をサポートしてくれます。

アセトアルデヒドを分解する「ゆでたまご」

卵黄に含まれる「システイン」は、二日酔いの症状を引き起こす要因のひとつであるアセトアルデヒドの分解を促す作用があるといわれています。また白身のタンパク質は肝機能の向上に役立つとされています。

とても食べられない……そんなときは、水分をたっぷり摂ればOK

胃がムカムカしてとても食べられる気分じゃないときは、起きたらすぐ水分をたっぷり摂りましょう。水分を摂取するとアルコールの分解がスムーズになるほか、脱水症状による血行不良が引き起こす頭痛も緩和されます。

ミネラルウォーターはもちろん、飲み過ぎによる脱水症状の緩和とアルコール分解の促進の両方に役立つ「スポーツドリンク」や、アセトアルデヒドの作用を抑えるリコピン、解毒作用のあるグルタチオン、利尿作用の高いカリウム多くを含む「トマトジュース」などもおすすめです。

朝食を食べる習慣がない人は、お酒を飲むときにおつまみとして取り入れるのも◎。トマトや梅干し、ゆでたまごなどを使ったメニューを選べば、翌朝の二日酔い症状が出にくくなるので、ぜひお試しを!

(文・坂井七緒美)

 

<参考資料>
ITmedia ヘルスケア「二日酔いの頭痛はなぜ起こる? 原因と対策を解説」

ヘルスケア大学「二日酔いの朝に食べるべき朝ごはんとは?」

スキンケア大学 美肌レシピ「トマトジュースを飲んで二日酔いを防ごう」