黒猫から徐々に白猫に?19歳のシニアネコ、Scrappyが不思議で美しい

写真拡大

黒猫として生まれてきたとは思えないニャンコが、フェイスブックで8万9000もの「いいね!」を受けて話題になっている。

それがこちらのScrappyだ。

黒い毛と白い毛が入り混じり、まるでゴージャスな毛皮をまとったネコのようだが、Scrappyは7歳まで真っ黒な黒猫だったという。

▼尻尾に黒猫時代の面影が

▼お腹もこんな感じ

飼い主のデヴィッドさんによると、人間と同じく白斑が原因だと考えているそうだ。ネコには珍しいという。

▼5歳の時のScrappyと17歳の時のScrappy

ただし、Scrappyは健康状態に一切問題がなく、とっても元気いっぱいだという。

▼同居ネコとも仲良し

▼箱は独り占め

▼同居ワンコは見張り仲間

▼引き出しを開けてとせがんだ後、中に入ってこの表情!

飼い主のデヴィッドさんは、Scrappyは近所の猫たちのボス的存在なのだと確信しているという。

飼い主さんに愛されて19年

1997年に生まれたScrappyは、デヴィッドさんが見に行った際には、兄弟たちと離れて一人ぼっちでいたそうだ。

「きっと彼は最後まで残ってしまうに違いない」と感じたデヴィッドさんは、Scrappyを引き取ることに。それから19年もの間、幸せな時間を共に過ごしている。

▼19歳の誕生日にデヴィッドさんと

▼最近似てきたかも?