13日、中国外交部の耿爽報道官は、中国の爆撃機がこのほど、中国が南シナ海に独自に引いた境界線「九段線」に沿って飛行したのはトランプ次期米大統領に対する警告だとの見方があることについてコメントを求められ、「正常な飛行任務だ」と述べた。資料写真。

写真拡大

2016年12月13日、中国外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官は定例記者会見で、中国の爆撃機がこのほど、中国が南シナ海に独自に引いた境界線「九段線」に沿って飛行したのはトランプ次期米大統領に対する警告だとの見方があることについてコメントを求められ、「これまでずっと、中国軍機は南シナ海の関係空域で正常な飛行任務を行っている。関係方面が正しく取り扱うことを希望する」と述べた。中国新聞網が伝えた。

米国防総省は、トランプ氏と台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)総統との電話会談後に、中国のH6爆撃機が南シナ海の「九段線」に沿って飛行したと明らかにした。これについて、米国内では「一つの中国」原則に縛られないとするトランプ氏の発言に対する中国側の警告だとの見方が出ていた。(翻訳・編集/柳川)