13日、イタリアのフィレンツェで開催されていたポールダンスの採点競技「ポール・スポーツ」の世界大会「ワールド・ポール・スポーツ・チャンピオンシップ2016」で、中国代表チームが、大会期間中に中国国旗が用意されていなかったとして、決勝をボイコットした。

写真拡大

2016年12月13日、中国中央テレビは、イタリアのフィレンツェで開催されていたポールダンスの採点競技「ポール・スポーツ」の世界大会「ワールド・ポール・スポーツ・チャンピオンシップ2016」で、中国代表チームが、大会期間中に中国国旗が用意されていなかったとして、決勝をボイコットしたと伝えた。

【その他の写真】

主催者側は準決勝前、中国側の求めに応じ、準決勝後に国旗を掲げると約束していた。だが決勝前になっても用意されていなかったため、中国側は決勝資格を放棄すると表明した。決勝から2日たった現時点でも、主催者側はこの問題について説明していない。(翻訳・編集/柳川)