ジョン・ヴォイド

写真拡大

今年9月、アンジェリーナ・ジョリーが夫ブラッド・ピットに対して離婚を申請し、ハリウッドを代表するビッグカップルが破局したニュースは当サイトでもお伝えしてきた。先月には親権争いが合意に達したようだが、アンジェリーナの父で俳優のジョン・ヴォイド(『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』)が、娘の近況について言及している。米E!Onlineなどが報じた。

今月11日(日)に、サンフランシスコで開催されたクリティクス・チョイス・アワードに出席したジョンが、家族と一緒に過ごすクリスマスについて語った。「孫のために、いくつかプレゼントを用意している。毎年子どもたちは同じものを楽しみにしていて、ニューヨークにいる孫たちをショーに連れて行くから、彼らが行きたい作品のチケットを取るんだ」と、孫たちと過ごすホリデーを楽しみにしている様子。

アンジェリーナにとっては破局後に迎える初めてのクリスマスとなるわけだが、ジョンは娘の近況について、「アンジェリーナは大丈夫だ。持ちこたえているよ」とコメント。

アンジェリーナの離婚申請後、ブラッドによる子どもに対する虐待疑惑が浮上しFBIが捜査に乗り出したが、「虐待の疑いはない」として起訴には至らなかった。二人の離婚で一家は大きな打撃を受けているとのことで、アンジェリーナとブラッドは、6人の子どもとともに家族カウンセリングを受けていると報じられている。(海外ドラマNAVI)