中国が自動運転トラックの開発に本腰、各国メーカーの脅威に

写真拡大

中国のトラック市場が苦戦を強いられてる中、中国政府と各テクノロジー企業は”18輪の自動運転トラック”がその打開策になると確信している。

百度(バイドゥ)と商用車メーカーの「福田汽車(テイチーフォトン)」は11月、上海新国際博覧センターで”スーパートラック”を発表した。数々のセンサーが装備され、サラウンド型のフロントガラスが特徴的であることを除けば、レベル4のこの自動運転貨物輸送トラックはディーゼルエンジンのトラックとさほど変わらないように見える。なぜなら、これが決して未来の車ではないからだ。

中国は貨物輸送の問題に対して早急に答えを必要としており、これが、自動運転技術の開発と特許収入をめぐる競争において中国各社に有利な状況を生んでいる。

中国では、720万台のトラックと1,600万人のドライバーが、590万平方マイルにも及ぶ条件の悪い道路を走っている。多くはかなりの長距離に及ぶ移動で、ドライバーが2〜3人必要なケースもある。

数学の専門家でなくても、ここに革新のチャンスがあることは分かる。中国のベンチャーキャピタル企業「雲啓創投(Yunqi Partners)」のNg Yi Pinは楽観的だ。「労働力も燃費も大幅に節減できる。市場の力によって革新が実現されるだろう」

スーパートラックは、コネクテッドカーや無人商用車に関する百度と福田汽車のビッグデータ解析により開発された自動運転機能を採用している。これにより、人が運転する時間と燃料の消費量を劇的に減らすことが可能になり、各自動車メーカーは十分に魅力的に映る。

バイドゥ・インテリジェント・ビークルのゼネラル・マネージャーであるGu Weihaoは「商用車のOEM企業と協力して、今後さらに自動運転のソリューション開発と適用シナリオの構築を行っていく。また一方で、業界のパイオニアの一員として、自動運転技術のプロバイダを取り込みながら市場シェアを獲得していく考えだ」と語った。

海外の競合にとっては、嬉しいニュースではない。ダイムラー、ボルボ、ウーバーはいずれも、トラックの自動運転システムの開発を進めている。実際にウーバー傘下のオットー(Otto)は、広告宣伝活動として、自動運転トラックを使いバドワイザーのビール5万缶を運搬した。

この取り組みは、ソフトウェアが誘導する巨大輸送車が安全であることを証明するためのものであり、自動運転技術の開発競争において、シリコンバレーがリードしていることを示す意図もあった。

オットーの共同創業者リオール・ロンは「技術的には、こうした商業向けパイロット計画を開始する準備は整っている。当社では今後2年、引き続き技術開発を行い、あらゆる道路条件で走行できるように備えを行っていく」と語る。

自動運転トラックは、多くの時間を高速道路上で過ごすことになるため、歩行者などの厄介な問題に直面することは少ない。7,000億ドル(約79兆円)規模の米トラック市場で大規模なシェアを獲得できれば安泰だろう。

だが今では中国も同じ市場を狙っている。次期政権がどれほど阻止を試みようと、より規制の緩い中国で開発されている技術が特許を勝ち取り、アメリカの市場に参入してくる可能性はあるのだ。