ハ・ジウォン「ヒョンビンさんからも『大丈夫?』と連絡が来た」…朴大統領の偽名騒動に言及

写真拡大 (全2枚)

女優ハ・ジウォンが朴槿恵大統領の偽名騒動について語った。

ハ・ジウォンは12日、ソウル三清洞(サムチョンドン)のカフェで行われた映画「命がけの恋愛」(監督:ソン・ミンギュ)のインタビューに応じ、最近話題となった“キル・ライム騒動”について言及した。

ハ・ジウォンはドラマ「シークレット・ガーデン」で自身が演じた役名と同じ“キル・ライム”という偽名を朴槿恵(パク・クネ)大統領が使い、ある病院の健康診断センターを利用したと報じられた数日後、「命がけの恋愛」の制作報告会に出席し、「私もニュースを通じてリアルタイムに知った」と明かしていた。

これについてハ・ジウォンはインタビューで、「友達から電話やメールで『大丈夫か?』と連絡をもらった」と明かし、「ヒョンビンさんからも『大丈夫?』という連絡が来た。ファンの皆さんも、私はInstagram(写真共有SNS)をよく使っているので、『ファイト』と応援してくれた」と話し、注目を浴びた。