リーダーの譜久村聖は最後のMCで「私はモーニング娘。が大好きです! どの時代のモーニング娘。も好きだから、今のモーニング娘。を一番見てほしいと思っています」とコメント。

写真拡大

9月24日のハーモニーホール座間(神奈川)公演からスタートした、「モーニング娘。'16コンサート秋ツアー〜MY VISION〜」が、12月12日の日本武道館公演でファイナルを迎えた。先日の12月10日に予定されていた、北海道公演は悪天候でメンバーが乗った飛行機が到着できず中止となるアクシデントはあったものの、全国16会場・全29公演約6万5000人を動員。ラストの武道館では13期メンバーの発表&初お披露目も行われ、会場には1万人のファンが詰めかけ声援を送り、大盛況で幕を閉じた。

【写真を見る】肩を組んで歌う、佐藤優樹(右)と工藤遥の10期メンバー2人。

12月12日、武道館公演の最初のMCで、リーダーの譜久村聖から新メンバーの「加賀楓(かがかえで)」と「横山玲奈(よこやまれいな)」の2人がハロプロ研修生から、モーニング娘。の13期メンバーとして新たに加わることが発表された。研修生歴4年の加賀と9月に入ったばかりのフレッシュな横山という、対照的な経歴も持つ2人が選ばれた。

ことしの春ツアーを最後に、ぽっちゃりアイドルとして話題となっていた9期メンバーの鈴木香音が卒業し、今回のツアーは11人体制初。そして2017年の1月から行われる「Hello! Project 2017 WINTER 」のコンサートからは、13期が加わった13人体制となるため、今回が最初で最後の11人体制のモーニング娘。'16のツアー。ツアータイトルにもある“MY VISION”をテーマに展開され、各メンバーがビジョンを持って、それぞれの目標や夢に向かって成長していく姿をファンの前で魅せてくれた。

2017年、モーニング娘は誕生20周年を迎える。新たに13期の2人を迎える、モーニング娘。'17が魅せてくれる節目の年のさらなる進化、新しい形に期待しよう。