中国が独自設計・建造した某新型ミサイル護衛艦「保定」と「カ(草冠に河)沢」の就役命名式典が12日に江蘇省連雲港の某軍港で行われた。

写真拡大

中国が独自設計・建造した某新型ミサイル護衛艦「保定」と「カ(草冠に河)沢」の就役命名式典が12日に江蘇省連雲港の某軍港で行われた。

【その他の写真】

両艦は同一の型で、ペナント・ナンバーはそれぞれ511、512、満載排水量は1300トン余り。両艦は中国独自開発の新型兵器を装備しており、情報化水準とステルス性能が高く、単独または共同で敵の水上艦、潜水艦を攻撃でき、防空、対潜、対海戦闘能力が高い。中国新聞社が伝えた。(提供/人民網日本語版・編集NA)