数百人が永住資格を取り消しに

写真拡大

 中国人のカナダ移住の手続きで、仲介業者による不正が発覚し、すでにカナダ移住資格を獲得した中国人800人以上の永住権が取り消される見通しであることが分かった。中国共産党機関紙「人民日報」傘下の国際紙「環球時報」が報じた。

 これだけ多くの移民資格取得者の資格が取り消されるのは初めて。仲介業者が移民希望者のカナダでの居住日数を虚偽申請したためで、仲介業者はカナダ移民当局に逮捕され、2017年1月に裁判が開かれる予定だ。

 カナダでは1997年の香港返還を契機に、香港からの移民が急増。その後、カナダへの移民は手続きが簡単だとの噂も広まり、投資することで長期滞在許可が得られる「投資移民」の枠もあることから、カナダには中国富裕層が大挙押し寄せた。駐香港カナダ領事館では2012年、申請が多すぎるとして一時、受付を中止する騒ぎとなったこともある。

 その後も、カナダのバンクーバー市などは中国系住民が半分以上を占めるなど、ここ数年、中国人のカナダへの移民が急増していることから、カナダ政府は2014年に移民受け入れ基準を厳格化。主に国籍取得前の5年以内に980日以上、カナダ国内に居住することが求められる。

 問題の仲介業者は移住希望者のパスポートに細工。希望者が規定の日数に達していなくても、カナダの出入国管理局の入国と出国時のスタンプを偽造して、必要な980日の日数以上、カナダ国内に居住していたことにしていた。

 これで、この業者は2006年から2013年までの7年間で1200人の中国籍移民の永住権を取得し、1000万カナダドル(約8億6000万円)を稼いでいた。

 ところが、カナダ当局があまりの多さに不信を抱き、提出された書類を再調査したところ、調査済みの320人すべてに偽造スタンプによる不正が発見された。まだ調査が終わっていない書類が500人分以上残っていることから、800人以上の居住資格が取り消される見通し。

 この業者は上海生まれで、1997年にカナダ移民として永住権を取得。昨年逮捕され、裁判の一審で懲役7年、90万カナダドル(774万円)の罰金の判決を受けたが、控訴し、来年1月に判決が下される予定。これだけ大掛かりな移民詐欺はカナダでも初めて。

 ネット上では「腐敗で儲けた金で移民をしようとして、さらに書類を偽造しているのだから呆れるね。中国の富裕層は心が腐っているぞ」などとの書き込みが目立つ。