総製作費120億円!日米ハイブリッドヒーロー超大作『パワーレンジャー』 (c)2016 Lionsgate TM & (c) Toei & SCG P.R.

写真拡大

空前のヒーロー映画旋風が巻き起こっている近年。“メイド・イン・ジャパン”のヒーローを総製作費120億円の圧倒的スケールで描く、日米ハイブリッド超大作『パワーレンジャー』が、2017年7月15日より日本公開となることが決定した。

主人公はごく普通の高校生5人。あるとき驚異的なパワーを手にした彼らが本当のヒーローになるために自身の力と葛藤し、悩み、助け合い、立ち向かうー。『パワーレンジャー』は王道にして普遍的な等身大のヒーローの物語だ。

「パワーレンジャー」は、日本の特撮シリーズ「スーパー戦隊」の英語版ローカライズとして全米で放送されているテレビシリーズで、1993年から現在までにシリーズ累計800話を突破。世界160ヶ国以上で放送されており、アメリカのTVドラマの中で「シンプソンズ」に次ぐ長寿番組として世界中から愛されている。アメリカで最も成功したジャパニーズコンテンツとも言われている。

そんな「パワーレンジャー」が2017年、ついにハリウッドの圧倒的スケールでリブート。デイカー・モンゴメリー、ルジ・サイラー、ナオミ・スコット、ベッキー・G、ルディ・リン、ビル・ヘイダー、ブライアン・クランストン、エリザベス・バンクスといったハリウッド俳優たちが集結した。

■『パワーレンジャー』
2017年7月15日より日本公開
(c)2016 Lionsgate TM & (c) Toei & SCG P.R.