秘訣は数字にあり!?ラブラブを長続きさせる「1」にまつわる習慣

写真拡大



大好きな彼とずっとラブラブでいたいと、付き合いを始めたら誰だって思うのではないでしょうか。もしふたりの愛情を長続きさせる方法があるなら、それはどんなものなのか知りたいですよね。ラブラブカップルになるには、いろいろな「1」を守る必要があるんです。今回は、恋愛を長続きさせる魔法の「1」をご紹介します。

■1.嘘は1つもつかない

ずっと付き合っていくためには、お互いに信頼し合うことが大事になってきますよね。どんな小さな嘘でも、嘘をついていることがわかればそれだけ信頼が失われてしまうからです。たとえその内容が相手のためを思っての嘘だったとしても、嘘をついたという事実は消えません。絶対に嘘をつかない、信用のできる人で相手と付き合っているからこそ安心感が生まれ、長く付き合い続けられるのです。

■2.1年に1回はお祝いごとをする

“付き合った記念日”が1番わかりやすいですが、1年に1回のお祝いごとを大事にするのもラブラブが長続きする秘訣なのです。あまり派手なことはしたくない、というカップルもいるかもしれませんが、1年に1回でも、ふたりの特別な時間を大事に過ごすことで、気持ちがリセットされ、ますます仲が深まるのです。何事も初心を忘れないことが大切。記念日ついでに初めてデートした場所を巡るなどしてみても新鮮な気持ちになれてよいですよ。

■3.我慢はせずケンカは1日で終わらせる

他人とお付き合いするのですから、合わないところがあって当然です。そこを我慢してしまうと、だんだんと自分がしんどくなって、彼と一緒にいることが苦痛になってしまうでしょう。なので、思ったことは我慢せずに伝えてることが大切。もしそれでケンカになったとしても、お互いをわかり合える良い機会になるのです。ここでのポイントが、ケンカ1日以内に終わらせること。これ以上伸ばすとお互いに引き際がわからなくなって、微妙な関係が続いてしまいます。

■4.1日1回は必ず連絡をとる

どんなに忙しくても、ラブラブカップルになるには1日に最低でも1回は連絡をとるようにしましょう。そうすれば、お互いに必ず連絡が届くようになりますから、相手が誰とどこにいて、何をしているのだろうと、連絡がこないことで生まれるよけいな心配をしなくて済むのです。心配は不安になり、不安から不満へと変わり、衝突してしまう可能性もありますからね。ささいなことでも、1日1回の連絡を心がければ、相手との良好な関係が継続できるのです。

■5.1人の時間も大切に

いつも一緒にいるからラブラブというわけでもないのです。お互いにひとりの時間も大切にしているからこそ、相手といるときには思う存分相手のことだけを考えて一緒にいられるのです。趣味の時間や友達との時間も大事な時間。そのときに楽しかったことや面白かったことを彼に共有することで、さらに一緒に盛り上がれる話題も増え、お互いに刺激を与えることもできますよ。

■思いやりと尊敬がカギ

相手を尊敬して、思いやりのある行動や言動をとることが、何よりもラブラブで居られる秘訣でしょう。またふたりのときだけ名前の呼び方を変えるなどしても、特別感が増して、いつまでも新鮮な気持ちで彼と付き合えますよ。(sa_ko/ライター)

(ハウコレ編集部)