ハリウッド版スーパー戦隊が日本にも上陸決定!
 - (c)2016 Lionsgate TM&(c) Toei & SCG P.R.

写真拡大

 日本のスーパー戦隊シリーズをアメリカ向けにローカライズしたテレビシリーズの劇場版『パワーレンジャー』が、2017年7月15日に日本公開されることが決定し、壮大な物語を予感させるポスタービジュアルが公開された。

 「恐竜戦隊ジュウレンジャー」がベースの英語版ローカライズを皮切りに、1993年から現在までシリーズ累計800以上のエピソードが制作され、世界160か国以上で放送されている「パワーレンジャー」。アメリカでは、子供にプレゼントする関連玩具を買い求めて大人たちが店に殺到するなど社会現象を巻き起こし、現在も長寿番組として親しまれている。

 本作では、そんな「パワーレンジャー」をハリウッドの圧倒的スケールでリブート。古代の地球を守った戦士たちが操ったパワーを手にした現代に生きる5人の高校生たちが、自身の力に葛藤し、悩み、助け合い、やがて地球の危機に立ち向かう姿が描かれる。

 公開されたポスターは、「パワーレンジャー」のシンボルである稲妻をイメージさせる星空の下にたたずむ主人公たちの姿が描かれた青春映画のような仕上がりで、新たなヒーローの誕生と、壮大な物語のはじまりを予感させる。

 レンジャー役には、デイカー・モントゴメリー(レッドレンジャー)、ナオミ・スコット(ピンクレンジャー)、RJ・サイラー(ブルーレンジャー)、ベッキー・G(イエローレンジャー)、ルーディ・リン(ブラックレンジャー)らフレッシュな若手キャストが集結。さらに善の支配者ゾードン役で「ブレイキング・バッド」のブライアン・クランストン、悪役リタ・リパルサ役でエリザベス・バンクスが出演する。『アベンジャーズ』『ジャスティス・リーグ』『スパイダーマン:ホームカミング』『ドクター・ストレンジ』などアメコミが席巻するヒーロー映画界で、日本生まれのヒーローたちはどんな活躍を見せてくれるのかに期待が高まるばかりだ。(編集部・入倉功一)