「パワーレンジャー」120億円投じリブート

写真拡大

“メイド・イン・ジャパン”のヒーローを総製作費120億円の圧倒的スケールで描く、日米ハイブリッド超大作「パワーレンジャー」。その日本公開日が、2017年7月15日に決定した。

「パワーレンジャー」は、日本の特撮シリーズ「スーパー戦隊」の英語版ローカライズとして全米で放送されているテレビシリーズで、1993年から現在までにシリーズ累計800話を突破。世界160か国以上で放送されており、米国のTVドラマの中で「シンプソンズ」に次ぐ長寿番組として世界中から愛されている。

また、クリスマスプレゼントに「パワーレンジャー」のおもちゃを買い求める大人たちが店に殺到する現象をモチーフにした映画「ジングル・オール・ザ・ウェイ」(1996年)がアーノルド・シュワルツェネッガー主演で公開されるなど、大きな社会現象を呼び、“米国で最も成功したジャパニーズコンテンツ”とも言われる作品だ。

そんな「パワーレンジャー」が2017年、ついにハリウッドの圧倒的スケールでリブート。日本人なら誰もが知るジャパニーズ・ヒーローが、誰も見たことがない、新たなヒーローとして覚醒する。

今回、日本公開日の決定と共に、ティザーポスタービジュアルが解禁となった。

主人公はごく普通の高校生5人。あるとき驚異的なパワーを手にした彼らが本当のヒーローになるために自身の力と葛藤し、悩み、助け合い、立ち向かう――「パワーレンジャー」は王道にして普遍的な等身大のヒーローの物語。解禁されたポスターには、「パワーレンジャー」のシンボルである稲妻をイメージさせる星空の下で運命に導かれるように出会った5人が佇む姿が描かれており、新たなヒーローの誕生と、これから始まる壮大な物語のはじまりを予感させる、期待感あふれるビジュアルだ。

映画「パワーレンジャー」は2017年7月15日(土)日本公開(2017年3月24日、全米・全世界公開)。

☆「パワーレンジャー」ストーリー

遡ること時は紀元前。古代の地球で世界の運命を決する、大きな闘いが終焉を迎えていた。ある5人の戦士たちによって守られた地球。そこにはやがて新しい命が芽生え、物語は現代に還ってくる。

小さな町、エンジェル・グローブに、普通に暮らす5人の若者がいた。ありふれた日々を過ごす彼ら。しかし、運命に導かれるように出会い、やがて訪れる脅威に立ち向かう“新たな力”を手にする。その力は、なぜ彼らに与えられたのか? いま、物語は再び動き出す――。