「キットカット受験生応援キャンペーン発表会」に参加した杉村太蔵と小島瑠璃子

写真拡大

ネスレ日本株式会社は、12月12日よりコミュケーションアプリ「LINE」を活用した受験生応援活動を開始。「キットカット受験生応援キャンペーン発表会」を都内で開催した。

【写真を見る】小島瑠璃子はキッドカットをイメージしたような真っ赤なワンピースで登場

“現役大学院生”杉村太蔵と小島瑠璃子が登場。LINE LIVEで受験生を“前向きなキモチ”にさせる空間を提供する番組でメインナビゲーターを務める杉村が、会場に集まった受験生を前に講義を行った。

杉村は過去の偉人などのエピソードから「夢を持つ、挑戦する、続ける」を学んだと熱弁。受験も同じだと持論を展開した。

さらに、熱い講義に感銘を受けた小島から「政治家さんだったんですよね?」と聞かれると、「子供の頃はテニスプレイヤー、中学生の時は宇宙飛行士、高校生時代は体育の先生、大学生では弁護士、政治家になってからは総理大臣」と過去の夢を披露。

「私の夢、全てがかなっていません。今のポジションはなりたくてなったわけではありません。でも、なることができて、本当によかったと思えるポジションです。幸せです。これも人生の面白いところです」と明かし、「今日の講義と矛盾していますが」と笑いを誘って講義を締めくくった。

最後に受験生に贈る漢字一文字を披露。「壁」と書いた杉村は「受験の壁を乗り越えてほしい。さらに、“壁”と“璧”は非常に間違いやすい漢字だそうです」と語り、「耐」と書いた小島は「とにかく今は耐えてほしい。その先はいろいろあると思うが、今は耐えて、春にきれいな花を咲かせてほしい」とエールを送った。