オールアップを迎えた「わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた」(12月20日(火)夜9:00-10:48フジテレビ系)のキャストたち/(C)カンテレ

写真拡大

12月20日(火)に放送されるクリスマスドラマスペシャル「わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた」(夜9:00-10:48フジテレビ系)がクランクアップし、主演の多部未華子らがコメントを寄せた。

【写真を見る】「いい経験をさせてもらいました」と主演の多部未華子は、監督から花束をもらい、オールアップを迎えた感想を語る/(C)カンテレ

同ドラマは、多部未華子演じる現実の恋には期待していない、恋愛シミュレーションゲームプランナーの莉子と、高橋一生演じる女心を全く理解できない残念なアプリ会社社長の黒川が出会うオリジナルラブストーリー。

約1カ月に及ぶ撮影が全て終了し、波多野貴文監督から、この日撮影をしていた多部、高橋、東加奈子、志尊淳、大政絢、朝倉えりかに花束が贈られた。

主演の多部は「お疲れさまでした。今回は寒い中、時間がない中、皆さん大変だったと思うんですが、いい経験をさせてもらいました。ラブストーリーで慣れないことばかりで、すみませんでした(笑)」とスタッフに向けてコメント。

また高橋も「ここまで来れたのは本当に皆さんのおかげだと思っております。また皆さんとご一緒できるように、かすまないようにやっていきたいなと思っております。本当にありがとうございました!」と感謝の気持ちを述べた。

街中のイルミネーションも点灯し、クリスマスムードが高まる中、今から1週間後、とびっきりの恋物語が幕を開ける。