2016年12月9日、韓国国会は朴槿恵(パク・クネ=1952年生)大統領に対する弾劾訴追案を圧倒的多数で可決した。この日の夜、大統領の職務は停止になり、大統領府(青瓦台)で憲法裁判所の罷免是非の判断を待つことになる。

 「血の涙が出るというのはどういうことかと思っていたが、今やっとその意味が分かった」

 12月9日午後4時過ぎ、国会で弾劾訴追案が可決になると朴槿恵大統領は閣僚懇談会を開き、こう話したという。弾劾に追い込まれる事態になったことを謝罪し、閣僚のこれまでの仕事ぶりをねぎらった。

18年周期

 韓国メディアによると、大統領は「血の涙」に言及し、一部閣僚は涙を浮かべたという。

 大統領の心情を察するに、こういう言葉も出ることは分からなくはないが、圧倒的な韓国の国民は、「大統領はまだ事態の深刻さを理解できないのか」と同情する声はほとんど聞こえない。

 「18年周期の悲劇」

 韓国では、朴槿恵氏の人生についてこんな言い方をすることが多くなった。

 18年周期とは何か。

1961年〜1979年
1980年〜1998年
1998年〜2016年

 この3つの周期のことだ。

 1961年〜1979年の18年間、朴槿恵氏は、「大統領令嬢」として過ごした。1974年までは両親の寵愛を受け、母親がこの年の独立記念日式典で在日韓国人が発射したピストルの銃弾にあたって死亡してからは「ファーストレディー」として父親を支えた。

 私生活で母親を失うという悲劇はあったが、この期間は「権力者」として過ごした期間だった。

 1974年に母親が死去したあとに、 崔順実(チェ・スンシル=1956年生)氏 の父親である「自称牧師」の崔太敏(チェ・テミン)氏が朴槿恵氏に接近して取り入ったといわれる。

 1980年〜1998年(または1979年秋〜1980年春)は、「静かに暮らしていた時期」だ。

 1979年10月26日、朴正熙(パク・チョンヒ)大統領(当時)は、部下だった中央情報部(KCIA)部長に撃たれて死亡する。朴槿恵氏の「青瓦台での生活」も急に終わりをつげることになる。

 後任の座を力で獲得した全斗煥(チョン・ドファン)政権は、朴槿恵氏に対しては冷たかった。

 父親である朴正熙氏に引き立てられた人たちも、あっという間に朴槿恵氏の周辺から去っていった。

人生で最も辛かった日々

 自分自身と妹、弟の生活を支える「家長」の役割を突然しなければならなくなった朴槿恵氏が「人生で一番辛かった日々」だった。

 このとき、朴槿恵氏の近くで何かとサポートをしたのが今回の一連のスキャンダルの「主犯」である崔順実親子だった。(父親である崔太敏氏は1994年に死去)

 18年間に及ぶ「隠棲生活」を経て朴槿恵氏は1998年の国会議員補欠選挙で政界に打って出る。とにかく選挙にはめっぽう強かった。自分の選挙はいつも圧勝だった。

 それだけではない。党の責任者として何度も党の危機を救った。「選挙の女王」とまで言われるようになった。

 1998年に政界に進出してから、朴槿恵氏が一敗地にまみれたのは、2007年の大統領選挙の野党候補争いで李明博(イ・ミョンパク=1941年生)氏と争ったときだけだ。

 5年後には大統領選挙でも圧勝した。そして政界進出から18年。朴槿恵氏は、罷免の危機に直面している。

 どうしてこういうことが起きたのか。この18年周期がある程度説明してくれる。

 朴槿恵氏にとって、理想とする韓国は何だったのか。「漢江(ハンガン)の奇跡(という高度経済成長)をもう一度」「国民が1つの目標に向かって結束しよう」・・・

18年間の大統領の令嬢時代

 朴槿恵氏がよく口にする目標は、よく考えれば、父親の時代の韓国ではなかったのか。側近に公安検察や軍部、情報機関出身者を重用することも似ている。批判に対しては敏感に反応した。

 18年間の「大統領の娘」としての生活が大きな影響を与えたのではないか。

 朴槿恵大統領は、ごく一部の側近以外周辺に過度に接近させなかった。長官や首席秘書官でさえ「対面報告」の機会はほとんどなかった。必要な報告は書類を出させる。聞きたいことがあれば、発信番号がない携帯電話で問い合わせる。

 夕食もほとんど1人で済ませる。

 「側近を作らない」は、その後の18年間で見た「父親を離れていった側近たち」の姿から学んだことではなかったのか。

 そして、2つの18年間の集大成として大統領になったとき、「自分が最も辛いときに支えてくれた人物」につけ込む隙を与えてしまった。

 「血の涙」の意味がようやく分かった。朴槿恵氏がこう言うと、その意味は深く悲しい。

 母親も父親も銃口に倒れ、権力の絶頂から転落した。こんな悲劇に見舞われても「血の涙」を知らなかった人が、今、やっと分かったとは・・・。朴槿恵氏はこれからどうなるのか。

1234567の意味は?

 韓国メディアでは、「18」以外にも、もう1つ、興味深い数字が頻繁に出ている。

 「1234567」

 12月9日の国会弾劾訴追案決議。

1人が出席しなかった。
234人が賛成した。
56人が反対した。
7人の投票が無効だった。

 なんと覚えやすいことか。

 最近、これに「89」が加わった。

 弾劾から「89日目」に罷免可否が決まるという予測だ。数字の遊びだが、根拠がないわけではない。

 憲法裁判所の審理期間は最長180日間だ。2004年の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領(当時)の弾劾訴追案に対しては63日間で棄却になった。

 今回は審理内容が多く、簡単ではないという見方がある一方で、政界からは「1日も早い判断を」という声が強い。

憲法裁判所の判断

 憲法裁判所の裁判官は9人。6人が賛成すれば弾劾が成立し、大統領は罷免になる。

 9人の裁判官のうち、所長の任期が2017年1月31日で切れる。この所長は2011年に李明博大統領(当時)の任命で憲法裁判所裁判官になり、2013年に朴槿恵大統領が所長に起用した。

 後任者は大統領が任命して国会聴聞会を経て就任するが、大統領の権限が停止している。大統領権限代行の首相が任命権を行使できるかは微妙で、事実上、後任者を決めることはできないとの見方が強い。

 そのため、任期が切れると他の裁判官が所長代行に就任し、裁判官は1人分空席になる可能性が高い。

 今の所長の任期が残っている1月中に判断が出るとの見方もあるが、審理内容の多さから難しいと見る向きが多い。

 次は3月13日にもう1人の裁判官の任期が切れる。この裁判官は大法院長(最高裁長官に相当)が指名して国会聴聞会を経て就任するが、こちらも手続きが進むかは不透明だ。

 2人空席になって7人の裁判官でも審理は可能だ。この場合でも弾劾のためには6人の賛成が必要だ。だが、その前に結論が出るという見方が法曹界でも多い。

 弾劾から「89日目」は3月7日。ちょうどこのタイミングなのだ。

 罷免の是非は予測のしようがない。

 棄却になれば大統領の職務にすぐに復帰するが、大統領は一度は与党の要請を受けて「4月辞任」にも同意している。弾劾訴追案棄却で職務復帰しても早期退陣は必至だ。

 罷免でも辞任でも憲法裁判所の判断によって「早期大統領選挙」の日程が決まる。大統領が罷免または辞任すれば、60日以内に大統領選挙が実施される。

 この間、特別検察官の聴取を受けることも確実で、劇的な人生を送ってきた朴槿恵氏は政治家になってから18年目で大きな危機が続いている。

筆者:玉置 直司