フェラーリは、国立新美術館で開催した日本進出50周年記念式典において、極少数限定シリーズのビスポーク・モデル「フェラーリ J50」を初公開した。10台の限定モデルで、顧客のリクエストに合わせたテーラー・メイドで仕上げられる。

 同車は、フェラーリのスペシャル・プロジェクト部門によって開発され、マラネッロのフェラーリ・スタイリングセンター・チームによって設計された。1970年代から80年代に人気を博したフェラーリ・ロードカーを想起させるタルガボディ・スタイルの復活を強調する2シーター、ミッド・リアエンジン・ロードスター。488 Spiderをベースに設計され、今年のインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーで総合優勝した3.9リットル V8エンジンの出力690cv特別バージョンを搭載する。

 また、ウィンドウ・グラフィックは、1950年代までさかのぼるフェラーリのオープンコンペティション・バルケッタを思い起こさせる。ブラックの分割ラインは、GTO、F40、F50 でも採用されている、おなじみのフェラーリ・スタイリング手法が新解釈されたものとなっている。ボンネット・セクションは、フェラーリ・ミッドシップ・スポーツカーならではの力感を際立たせるデザインとなっている。機能面では、エアロダイナミクスが徹底的に追求されている。