ミラ・ジョヴォヴィッチの賛辞にローラ喜ぶ

写真拡大

映画「バイオハザード:ザ・ファイナル」のワールドプレミアが12月13日、東京・六本木アリーナで開催され、ミラ・ジョヴォヴィッチ、彼女の夫でもあるポール・W・Sアンダーソン監督、今作でハリウッドデビューを飾るローラ、本作で非常に重要な役どころレッドクイーンを演じるミラと監督の愛娘らが登壇した。

このワールドプレミアには、テレビカメラ50台、スチールカメラ100台、記者を含め総勢200名のマスコミ陣が会場に詰めかける盛況ぶりで、会場は12月の寒い時期に関わらず熱気ムンムン。

イベントでは、物語のカギを握るレッドクイーンの「48時間で人類は滅びる」というメッセージ映像が始まると会場に警告音が響き渡り、200を超すアンデッド(ゾンビ)が大量出現し、会場を占拠した。まるでバイオの世界に入ったような光景が広がる中、キャストたちの映像が流れ出すと、ステージ上に世界中が待ちわびたミラを始めとしたキャスト達が姿を現し、この日一番の大歓声。「Hello!! Japan!! I'll be right over there(今からみんなのところに行くわよ!)」とミラが会場に集まった観客に呼びかけると、彼女を先頭にキャストたちがレッドカーペッドに降りた瞬間、会場を占拠していたアンデッドたちが退散した。

寒空の中、キャストたちの登場を待ちわびていたゾンビメイクのファン約300人は、こぞってミラやローラといったキャストたち、監督にサインや写真撮影をリクエストすると、笑顔で一人一人に丁寧に応じファンサービス。ようやくレッドカーペッドを終え、再びキャストたちがステージ登壇すると、会場は大熱狂。

「バイオハザードIV アフターライフ」以来の来日を果たしたクレア役のアリ・ラーターは「また日本に来られてうれしい、『バイオハザード』シリーズでクレアを演じるのは今回で3回目。また、赤い革ジャン、赤髪のクレア役をできたことが本当に楽しかった!」と興奮気味に本シリーズのカムバックについて感想を語れば、アリス(ミラ)と共に戦う女戦士コバルト役を熱演したローラは「まずは英語で行くね」と流暢な映画を披露。その直後に今度は日本語で「今回、この映画に出演できたことはすっごくうれしい!台本を全部読んで本当に素晴らしかった。最終章だから大迫力でドキドキハラハラする映画だと思うしキャストのみんなも本当に優しくて最高に楽しい撮影だった」と振り返った。

さらに本作ではいつもの違うクールな雰囲気の役柄を演じたローラは、役作りについて問われると、途中で質問の内容を忘れ「ごめん、忘れちゃった」と言えば会場からは「かわいい!」と歓声が響くと、仕切り直して「やっぱりハリウッドの映画だし。みなさん本当に周りのキャストや監督がやさしかった。大規模に作られた大迫力の世界観のおかげで気持ちもが入りこめた。本当に素敵な経験だった」と結んだ。

そんなローラについてミラは「映画を観たらきっとショックを受けると思うわ、みんなの知っているローラと違うし、彼女はこの作品でものすごく激しくてクレイジーな戦士になった」と絶賛するとローラは「サンキュー、ミラ」と嬉しそうな表情を浮かべていた。

劇中でローラの彼氏役を演じ、今回、初来日となったウィリアム・レヴィは「もともと『バイオハザード』シリーズのファンで、出演のオファーが来たときは興奮した!」と興奮気味に語れば、生存者コミュニティーのリーダーにしてクレアの恋人役でもあるオーエン・マッケンは「みなさんこれから見ていただけると思いますがかなりイケてる映画です!」と自信を覗かせた。

アンブレラ社の戦士役で登場するイ・ジュンギは「日本のファンのみなさん、お久しぶりです!」と流暢な日本語で観客を煽ると会場からは大声援。「もともとこの作品の大ファンでした。僕の出演がこの作品の役に立ってくれればうれしいです。ありがとう!メッチャ好きやねん!」と関西弁で締めると再び会場から大歓声が上がっていた。