スバル 新型「シフォン」を発売、「スマートアシスト掘廚鯀桓嵒現狒備

写真拡大

富士重工業は、新型「シフォン」を、12月13日より発売した。

【ギャラリー】SUBARU CHIFFON (25枚)



新型シフォンは、スバル初のモアスペース系の軽自動車として、クラストップレベルの室内空間を実現した。両側のスライドドアに加え、助手席側にはBピラーをドアに内蔵したミラクルオープンドアを採用し、1,490mmと大きなドア開口部を実現。ロングスライドの助手席と共に後席へのスムーズな乗り降りをサポートし、荷物の載せ降ろしなど日常のつかいやすさを追求した。

安全面では、新開発のスマートアシスト靴鯀桓屬防現狒備し、ステレオカメラを採用することで、作動速度域の拡大や対歩行者への緊急ブレーキの作動、ハイビームアシストなど、安全性をさらに高めた。スマートアシスト システム方式が、スマートアシスト兇涼唄礇メラ+レーザーレーダーから、ステレオカメラに進化した。ステレオカメラは視野内の物体を立体的かつ同時に複数認識する事が可能で、これにより制御対象や認識範囲が大きく拡大した。
フロントフェンダーやリヤゲートを樹脂化するなど車両の軽量化を図り、リヤゲートとルーフスポイラーの一体成形による空気抵抗の低減などにより、全車2020年燃費基準を達成した。

新型「シフォン」の月間販売計画は、800台。希望小売価格(消費税込み)は、1,285,200円〜。

■富士重工業 公式サイト