1

高い安定性を持つ「Phantom」シリーズや、プロの撮影にも使われる「Inspire」シリーズなどのドローンなどで知られるDJIから、「フライングカメラ」と銘打たれた新型ドローン「Mavic PRO」が登場しました。DJIならではの高い安定性・操縦性に加えて、「アクティブトラック」と呼ばれる自動追尾撮影システムを搭載する新しいドローンを借りることができたので、どんな撮影が可能なのかいろいろと試してみることにしました。

Mavic - Wherever you go

https://www.dji.com/jp/mavic



編集部に届いたMavic Proと送信機。シャープなデザインになっていて、これまでのDJIのドローンとは少し異なったイメージとなっていました。



直線基調&グレー基調のデザインとなったMavic Pro。後述するように、4本のアームは折りたためるようになっています。



ということで、実際に飛ばしていろいろと4K画質で撮影してみたムービーがコレ。自動で対象物を追尾する様子は驚くべきレベルになっており、これ1台でほとんどの空撮シーンに対応できそうな性能を秘めていることがわかります。

DJIのドローン「Mavic Pro」実機レビュー・自撮り機能「アクティブトラック」などを使ってみた - YouTube

機体前面には、4K@30fpsでの動画撮影が可能な1200万画素カメラを3軸ジンバルに搭載。視野角78.8度でf値は2.2。静止画の場合は最大で4000×3000ピクセルでの撮影が可能です。透明のカバーがつけられていますが、フライト時には外して飛ばしてもOKとのこと。



機体後部のLEDインジケーターは機体の状態を表示するほか、フロントに搭載された赤色LEDと併せてフライト中の位置確認にも役立ちます。



機体の底には、2つの超音波センサーとカメラによる「下方ビジョンシステム」を搭載。万が一センサーにトラブルが発生しても安全性を確保できるように、安全系統は冗長化されているという念の入れよう。



4本のアームはこのように折りたたむことが可能。折りたたんだ状態だと高さ83mm×幅83mm×奥行き198mmと非常にコンパクトな状態になり、突出部がなくなるので持ち運びもカンタンに。重量は743グラムとなっています。



送信機は、下半分がガバッと開いてモバイルデバイスと一体化できる仕組みになっています。DJIから提供されているアプリ「DJI GO」はiOS版Android版が提供されており、iOS版はiPod Touchでの使用も可能です。



送信機を握るグリップの部分に、スマートフォンと接続する端子が隠されていました。



ちなみに、送信機を使わずにスマートフォンだけで操縦することも可能です。



アプリ「DJI GO」の画面はこんな感じ。飛行中のMavic PROから送られてくる映像をリアルタイムで確認することができ、録画やカメラ撮影などの操作を行うことができます。



対象物を自動で追尾できる「アクティブトラック」を使う場合は、スマートフォンの画面に表示された対象物を緑色の四角で囲うように指で指定して……



「GO」という文字が表示されるので、タップすれば自動追尾が開始されます。画面を触って直感的に操作できるので非常にラクチン。



追尾中は、このようにしっかりと対象を捉え続けます。あまりに見事に捉えるので、初めて実際の様子を見るときっと驚くはず。



追尾するモードは、対象物を追い続ける「トレース」の他に、一定の距離を保ったまま追いかける「プロフィール」モードと……



ドローンの位置が一点に固定される「スポットライト」モードが用意されています。その違いはムービーを見てもらうとわかるはず。



また、自撮り用カメラのようにMavic PROを使える「ジェスチャー」モードが用意されています。



ジェスチャーで撮影するときは、まずアクティブトラックがオンの状態で、Mavic PROに向かって両手を斜め上にあげるポーズをとります。これでジェスチャーモードがスタンバイになります。



その状態で、カメラのアングルを確認するように両手の指で四角を作ると、なんとアプリがその動作を認識してタイマー撮影を行います。このポーズをとると機体前面の赤いLEDが高速点滅し、3秒後にシャッターが切られるので、タイミングを合わせてポーズをとればOKというわけです。



Mavic Proは、本体と送信機、スペア用プロペラや各種アクセサリなどが同梱された基本セットが税込価格11万9800円で販売されています。また、バッテリーを2個、同時に充電が可能な充電ハブ、そして持ち運びに便利な収納バッグがセットになった「フライモアコンボ」も用意されており、Amazonなどで税込15万5800円で販売されています。ちなみに、記事作成時点では生産が追いついておらず、軒並み入荷待ちの状態となっていました。

Amazon | 【国内正規品】 DJI ドローン Mavic Pro (マビックプロ) フライモアコンボ (バッテリー2台, 予備プロペラ, 充電ハブ, アダプタ, シガーソケットチャージャー, 収納バッグ同梱) | ウェアラブルカメラ・アクションカム 通販