実際に付き合っていたレイア姫&ハン・ソロ(画像は『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』(1980)より )
 - Lucasfilm Ltd. / 20th Century Fox / ゲッティ イメージズ

写真拡大

 映画『スター・ウォーズ』シリーズのレイア姫役で知られる女優キャリー・フィッシャーが、1976年の第1作を撮影時にハン・ソロ役のハリソン・フォードと不倫していたことを回顧録「The Princess Diarist」で告白したことについて、「罪悪感を感じている」とBBCのトーク番組「The Graham Norton Show」で語った。

 キャリーは19歳当時、33歳の妻子持ちだったハリソンと3か月間不倫していたと激白。瞬く間に、世間をにぎわせるビッグニュースとなったが、同番組に登場したキャリーは「あんなに大騒ぎになるなんて思っていなかった」と語りだし、「40万ものニュースサイトがそれを記事にしたときには、少し決まり悪かったわ」と想定以上のリアクションだったことを明かす。

 そして司会者グラハム・ノートンに、暴露されたハリソンは一生その不倫について問われることになると冗談交じりに言われると、「そんなこと考えてもいなかったわ。グラハムに言わせると……今になって罪悪感が増してきたわ」と口にしたキャリー。回顧録で書かれている内容について、ハリソンは知っているとPEOPLEに以前語っていたが、あまりの反響の大きさから暴露したことを多少なりとも後悔しているようだ。(編集部・石神恵美子)