躍動してるな〜
 - (C)和月伸宏/集英社

写真拡大

 佐藤健主演で映画化もされた和月伸宏の人気コミック「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」のキャラクターたちを、墨絵師の御歌頭(おかず)が描き下ろした墨絵コレクションの発売が発表され、これまで戦国武将を中心に動物・自然などを描いてきた御歌頭が、独特のタッチで「緋村剣心」「斎藤一」「志々雄真実」に新たな命を吹き込んだビジュアルがお披露目された。

 墨に濃淡をつけない独自のスタイルを考案し、白と黒のコントラストの美しさを追求している墨絵師・御歌頭は、T.M.Revolutionのシングル「RAIMEI」のジャケットなど数々の墨絵を描いてきた。そして今回は、国内外で絶大な人気を誇る「るろ剣」を“墨絵化”。公開されたビジュアルでは、逆刃刀を振りかざす剣心、牙突の構えを見せる斉藤、そして余裕で紫煙をくゆらせる志々雄が描かれており、墨絵という手法が見事に作品の世界観にマッチしている。

 この「『るろうに剣心』墨絵コレクション」の実物は、12月17、18日に幕張メッセで開催される「ジャンプフェスタ2017」で展示予定。また、この墨絵を和紙にプリントして独特の風合いをそのままに額装したものが、受注生産商品としてECサイト「ANIPLEX+」で購入可能。17日より予約受付が開始される。(編集部・海江田宗)