「歴史を鑑とし、未来に警告する」シリーズ図書の刊行式が12日に中国江蘇省南京市で行われた。写真は南京大虐殺記念館。

写真拡大

「歴史を鑑とし、未来に警告する」シリーズ図書の刊行式が12日に中国江蘇省南京市で行われた。人民日報が伝えた。

南京大虐殺期間に難民の救助や日本軍の残虐行為の記録に参加した米国やドイツの友人の親族代表、南京大虐殺の生存者代表、中国第二歴史公文書館、南京市公文書館、南京大学などの専門家や学者が出席した。

刊行式では、南京大虐殺史・国際平和研究院が専門家を組織して編纂し、人民出版社が刊行した「人類の記憶:南京大虐殺の実証」叢書(中国語版)が初公開された。同叢書は30年余りの南京大虐殺史学研究の成果を基礎に、絵や写真を歴史の証拠とし、文書によって記憶を継承する叙事方式で編纂されている。

中国侵略日本軍南京大虐殺遭難同胞記念館と南京出版社が専門家を組織して編纂・刊行した「南京は忘れない」叢書(10巻本)は、中国、米国、ドイツなどのオリジナル文献多数の助けを借りてこの人類の大惨禍を復元し、戦争に反対し、平和を大切にすることへの人々の理解を深めている。(提供/人民網日本語版・編集NA)