共演の関ジャニ∞横山裕と共に登壇した佐々木蔵之介

写真拡大

 関ジャニ∞の横山裕が13日、都内で行われた映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』の完成披露試写会に登壇し、事務所の後輩である濱田崇裕(ジャニーズWEST)の思わぬ態度に驚いたことを明かした。この日は佐々木蔵之介、北川景子、橋爪功、橋本マナミ、小林聖太郎監督、黒川博行(原作)も来場した。

 黒川の直木賞受賞作を原作にした本作は、イケイケなヤクザの桑原(佐々木)と、ヘタレで貧乏な建設コンサルタント二宮(横山)の凸凹コンビが、儲け話にだまされて大阪とマカオを奔走するさまを、アクションと大阪弁の掛け合い満載で描くエンターテイメント。

 関ジャニ∞を離れての映画主演が初となる横山は、「蔵之介さんや諸先輩方の胸を借りるつもりで挑みました」と座長であることを意識せずに取り組めたことを吐露。また、つい笑ってしまう掛け合いシーンについても、「台本が面白かったし、狙うとさむいと思ったので、あまり狙い過ぎないように、台本に身をゆだねて、蔵之介さんの呼吸に合わせてやりました」と説明するが、思わず「すっげー真面目に話してますけど」と自分でツッコむと、「(舞台あいさつに)慣れてないんですみません。不安だったんです」と訴え、笑いを誘った。

 一方の濱田も本作が映画初出演のため、自己紹介では自分の名前もかむほどド緊張。「衣装合わせで、スタッフが5人しかいない所に『緊張してますぅ』と入ってきた」と小林監督から暴露されると、あまりのナーバスぶりに会場から笑いが。そんな濱田だが、出演決定祝いに横山が家でごちそうしてくれたときだけは、なぜか態度が大きくなったようで、「(出演に向けての)気合いが入り過ぎて、帰り際に『横山くん、頑張りましょうね!』と言った」と上から目線でエールを送ってしまったことを告白。横山は、「なんでお前に……。俺が言うはずやのに」と思いつつも、「はい」と勢いに飲まれて返事をしたことを打ち明け、苦笑いを見せていた。(取材/錦怜那)

映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』は2017年1月28日より全国公開