シフォンG スマートアシスト(富士重工業の発表資料より)

写真拡大

 富士重工業(スバル)は13日、新型軽自動車「シフォン」を発売した。

 新型「シフォン」は、スバル初となるモアスペース系の軽自動車。モアスポーツ系の人気車種であるダイハツ工業の「タント」をベースとし、ダイハツよりOEM供給を受けて販売される。

 クラストップレベルの室内空間に加え、ドア開口部も、両側のスライドドアだけでなく、助手席側のBピラーをドアに内蔵したミラクルオープンドアを採用したことで、1,490mmの大きさを実現。ロングスライドの助手席と共に後席へのスムーズな乗り降りをサポートしており、日常生活での使いやすさを考慮した設計となっている。

 安全面では、新開発された衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を全車に標準装備。ステレオカメラを採用することで、作動速度域の拡大や対歩行者への緊急ブレーキの作動、ハイビームアシストなど、安全性をさらに高めた。フロントフェンダーやリヤゲートを樹脂化するなど車両の軽量化を図るとともに、リヤゲートとルーフスポイラーの一体成形による空気抵抗の低減などにより、全車2020年燃費基準も達成している。

 メーカー希望小売価格は、シフォンが128万5,200円〜154万4,400円、シフォンカスタムが161万7,840円〜187万3,800円(いずれも税込)。月間目標販売台数は800台となっている。