クリストファー・ゴーラム

写真拡大

米CBSで現在放送中の、大都会ニューヨークで金欠女子コンビが成功を目指すコメディドラマ『NYボンビー・ガール』シーズン6に、人気ドラマ『コバート・アフェア』のオーギー・アンダーソン役で知られるクリストファー・ゴーラムが出演することが分かった。米TV Lineが報じている。

米Deadlineが伝えた情報によると、クリストファーが演じるのは温厚で親しみやすく、見事なユーモアセンスを持つボビーという役とのこと。キャロライン(ベス・ベアーズ)ともいい関係を築くことになるそうだ。クリストファーはすでに撮影に参加しており、来年1月放送の回で初登場する予定。

クリストファーは『コバート・アフェア』以外にも、『アグリー・ベティ』のヘンリー役でも知られており、『バフィー〜恋する十字架〜』や『フェリシティの青春』、『CSI:科学捜査班』、『ワンス・アポン・ア・タイム』などの人気TVシリーズにゲスト出演している。また、アメリカで2009年に刊行され、「大人向けのハリー・ポッター」と評されて話題になったベストセラー・ファンタジー小説が原作の『The Magicians(原題)』シーズン2にも出演する。こちらのドラマは、米Syfyにて1月25日(水)から放送開始予定。

『NYボンビー・ガール』シーズン6は、米CBSにて放送中。(海外ドラマNAVI)