13日、中国のポータルサイト・今日頭条が日中韓の首都の夜景について紹介する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は北京。

写真拡大

2016年12月13日、中国のポータルサイト・今日頭条が日中韓の首都の夜景について紹介する記事を掲載した。

記事は、東京、北京、ソウルの夜景の写真をそれぞれ複数紹介。東京は60〜70年代にはすでに相当発展した都市となっており、その夜景は多くの外国人から称賛されていると紹介。北京は最新の都市で、特にここ数年の発展が目覚ましく、一度見たら忘れられない夜景だとした。ソウルについては、その周辺に多くの衛星都市があり、555メートルの第2ロッテワールドタワーもあると紹介した。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「冷静に見れば東京が一番きれい」
「個人的には東京が一番きれいで先進的だと思う」
「北京を支持したいと思うが、やはり東京が一番華やかだ」

「北京こそ未来の世界首都」
「東京なんて北京や上海と比べるにも値しない」
「広東省一つで韓国の経済力を超えている。広州や深センの夜景は韓国に圧勝」

「ソウルなんて中国の中では地方都市レベルにすぎない」
「韓国はいくつかの通りがきれいなだけで、東京はビルが高くない。やはり大中華の首都は摩天楼が多くきらびやかだ。ただしスモッグだけはいただけないが」

「北京の空気が改善されれば夜景は絶景だ。東アジアのどの国にも勝る」
「夜景じゃなくて空気の質を比較しようよ」
「どんなにすごくてもスモッグがすべてを駄目にしている」(翻訳・編集/山中)