写真提供:マイナビニュース

写真拡大

モデルのローラが13日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われた映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』(12月23日公開)のワールドプレミアに登場した。

日本発の人気ゲームを映画化した『バイオハザード』シリーズ第6弾にして最終章となる本作のワールドプレミアが、世界に先駆け日本で開催。ヒロイン・アリスとして"最後"の来日を果たした主演のミラ・ジョヴォヴィッチ、シリーズすべてに携わりミラの夫でもあるポール・W・S・アンダーソン監督らが集結し、本作でハリウッドデビューを果たしたローラも登場した。

アリスとともにアンデッドと戦う女戦士コバルト役を演じたローラは、美脚&肩出しの黒いセクシードレスで登場。観客から「ローラ!」「かわいい!」などと興奮の声が上がる中、レッドカーペットを歩いてファンサービスや取材に応じた。

ステージでは、「イングリッシュで言うね、まず!」と英語であいさつ。その後、日本語に訳して「今回この映画に出れたことすっごく楽しいし、台本も本当にすばらしくて、最終章だから迫力もすっごくて、ドキドキハラハラする映画になっていると思う」とアピールし、「みんなも本当に優しくて最高に楽しい撮影だった! ぜひ見てねー!」と呼びかけた。

また、役作りについて聞かれ、「簡単ではないけど、本当にみなさん優しくて。あと、世界観がものすごい大規模につくられていて、その迫力のおかげで気持ちも入り込めたって思うし…」と話していると、途中で「質問忘れちゃった!」とストップ。恥ずかしそうな笑顔に「かわいい!」と歓声が上がり、ローラは続けて「本当にすてきな経験だったし、これから映画を見るんだけど楽しみ!」と語った。

ワールドプレミアには、ローラ、ミラ、監督のほか、クレア役のアリ・ラーター、クリスチャン役のウィリアム・レヴィ、ドク役のオーエン・マッケン、コマンド役のイ・ジュンギ、さらに、本作でハリウッドデビューを飾ったミラと監督の愛娘エヴァ・アンダーソンも登場した。