ミラ・ジョヴォヴィッチとローラがプレミアに登壇

写真拡大

ミラ・ジョヴォヴィッチ主演のアクション映画シリーズ第6弾であり最終章の『バイオハザード:ザ・ファイナル』(12月23日公開)のワールドプレミアが、12月13日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催。来日したミラ・ジョヴォヴィッチとローラが大胆なスリットが入ったドレスで美脚を見せた。ミラはローラについて「衣装をまとったら、クレイジーな戦士に早変わりしたの。女優として素晴らしいと思ったわ」と称えると、ローラも「サンキュー!ミラ」とうれしそうな笑顔を見せた。

【写真を見る】ミラ・ジョヴォヴィッチとローラが大胆スリットドレスで登壇

会場には映画さながらに500体ものアンデッド(ゾンビ)が出没し、ステージにまで乱入。スモークが焚かれた後で退散すると、その後にミラやミラの娘エヴァ・アンダーソン、ローラ、アリ・ラーター、ウィリアム・レヴィ、オーエン・マッケン、イ・ジュンギ、ポール・W・S・アンダーソン監督が一斉に登場し、会場から歓声が上がった。

ミラは「『バイオハザード』が生まれた日本で『バイオハザード:ザ・ファイナル』を最初に観ていただけるということで、私たちも非常にワクワクしております」と挨拶をした。

本作でハリウッドデビューをしたローラは英語で感想を述べた後、自身で通訳をした。「本作に出られてすごくうれしいし、台本も素晴らしくて。最終章だから迫力もすごくて、ドキドキハラハラする映画になっているし、みんなも優しくて最高に楽しい現場だった。ぜひ観てね」。

本作が完結編ということでミラは「とっても悲しいし、ポールに対して怒りの気持ちもあるわ。私といっしょに仕事をするのが好きだったはずなのに」とおちゃめなジョークを飛ばした後「絶対にファンの期待に応えられる最大級で最高級の作品になったから楽しんでね」と締めくくった。

『バイオハザード:ザ・ファイナル』は、日本発の大人気ゲームから生まれたアクション映画シリーズの完結編。ミラ・ジョヴォヴィッチ演じる美しきヒロイン・アリスと、世界をアンデッド(ゾンビ)化してきた元凶アンブレラ社との最後の戦いを描く。【取材・文/山崎伸子】