<米大統領選をめぐる偽ニュース騒動で凍結されていた、オルタナ右翼の中心人物のツイッターアカウントがあっという間に復活した。そもそもツイッターの凍結措置は、ヘイト行為を煽っているという理由ではなかった>(画像:スペンサーのサイト「ラディックス・ジャーナル」には皇帝姿のトランプが並ぶ)

 米ツイッターが先月から凍結していた、白人ナショナリズムの右翼運動「オルト・ライト(オルタナ右翼)」の主要な人物のツイッターのアカウントが10日、わずか数週間の凍結でスピード解除された。

 主にネット上でひろがったアメリカの新興白人ナショナリスト運動を指して「オルト・ライト(オルタナ右翼)」と呼ぶが、リチャード・スペンサーはその名付け親となった中心人物の一人だ。

 スペンサーは現在、白人ナショナリストのシンクタンク「国家政策研究所」の所長を務めている。この団体については先月、首都ワシントンで開催した年次会合に参加した数千人の右翼ナショナリストが、トランプ次期大統領をナチス式の敬礼で称賛していたことが発覚して、主流メディアから一斉に批判を浴びていた。

 13年にネットメディアのインタビューで語ったように、スペンサーは「ヨーロッパ人だけが集結する民族主義国家」の設立を目指すと公言してきた。14年にはハンガリーで白人至上主義を標榜する会合を開こうとした罪で逮捕され、国外退去処分となり、以後3年間はシュンゲン協定に加盟するEUの26カ国への入国が禁止されている。

【参考記事】バレンタイン監督が駐日大使に? トランプ政権人事の発想はまるで野球映画

 米マサチューセッツ州ボストン出身のスペンサーは、白人至上主義に対する「知識層」的なアプローチを好む傾向があり、同じオルト・ライトの活動家であるマイロ・ヤノプルスのように周囲をわざと挑発するようなコメントは控えている。憎悪犯罪対策などに取り組む米NPO「南部貧困法律センター」は、ホームページでスペンサーの人物像を「アカデミックな人種差別主義者」と紹介する。

 ツイッターは11月、オルト・ライトとの関連性が目立つ数百のアカウントに対する取り締まり強化の一環として、スペンサーのアカウントを凍結した。国家政策研究所や、彼が編集主幹を務めるネットメディア「ラディックス・ジャーナル」のアカウントも対象になった。

 ツイッターの凍結措置は、ツイッターが中傷行為を阻止する機能を新たに導入すると発表したわずか数時間後のことだった。米大統領選で偽ニュースなどの誤った情報が出回り、記事や執筆者に対するネット上の誹謗中傷(トロール)が横行したのを受けて、ツイッターとしても嫌がらせ行為を取り締まる姿勢を鮮明にする狙いがあった。

 スペンサーは当初、アカウントの凍結は「企業によるスターリン主義(粛清などを特徴とする全体主義)だ」と批判した。「ツイッターはオルト・ライトを消し去ろうとしている。明らかに恐れをなしている。奴らは失敗する」

ロウリー・チェン