隠しごとはない関係ではいたいけど、相手にとって知らないほうが幸せな事実だってあるんです。今回は彼女には知られたくない、男子の告白をからあつめてみました。

沈黙

ケンカになって彼女が黙り込む姿勢をとったとき、正直ほっとすることも多い。なぜなら支離滅裂な泣き言を聞き続けなくていいから。

ほかの女の子

一緒にデートしているときにほかの女の子をチェックしていること。とくにサングラスをかけているときなんかは視線もわからないので、女の子たちの胸をチェックしたりもしている。

男泣き

時に泣きたいときだってあるから一人で泣くこともあるということ。シャワーを浴びているときとか、ベッドに横たわっているときとか、運転しながら泣くことがある。

姉妹

彼女の姉妹の方がルックス的には魅力的だと思ってしまうこと。

ガールズパワー

女子会に行くたびに彼女が自信を失っていっているということ。本人は気がついていないみたいだけど、お互いを高めあっているようにみえてじつは自慢のしあいっこの会でしかないと思う。

エロビデオ

彼女がいたとしてもエロビデオは見続けているということ。

素敵な男友だち

彼女には数人のかっこいい男友だちがいる。容姿というよりはキャリアだったり趣味だったりがかっこいい男。そういう男友だちの話、じつは聞きたくない。その話を彼女が持ち出すたびに部屋から追い出したくなる。

妄想

好きな芸能人相手に妄想することはある。でも別に2人の関係に不満があるわけでも浮気したいと考えているわけでもないということ。

疲れる

どうでもいい小さいことをとやかく言っている姿を見ると疲れるということ。小さいことはほっといて自分自身の充電をしようよと思う。

もっとほめてほしい

洋服・髪型・メイク・香り――さまざまなことを褒めてあげているのだからたまにはこちらのことも褒めてほしい。すこしでも褒めてくれたら一日がとても楽しくなるのに。

匂い

「男はくさい」なんて言うけど、実際女性だってくさいときがある。もうめっちゃくちゃくさいって思うくらいくさいときがね。

ソファー

ケンカになって夜、同じベッドじゃなくてソファーで寝ろと言われることがあるけどあながち悪くない。キャンプみたいで楽しいし。

もっと心のサポートをしてほしい

彼女が自分のことを頼ってくれるのは嬉しいけど、男だって心のサポートが必要なときだって多い。一見、大丈夫そうにみえても疲れ切っているときだってあるんだから。

居場所

彼女に伝えた居場所がいつも本当なわけではない。「ジムにいる」といえばバーにいるし、「交通渋滞に巻き込まれている」といえばバーにいて、「仕事が忙しくて帰りが遅くなる」というときもバーに入ることがある。