AOA ユナ、ウェブドラマ「マイ・オールド・フレンド」制作発表会に登場“演技は一人でするため寂しい”

写真拡大

AOAのユナが俳優ムン・チャンギルと共演した感想を伝えた。

13日の午後、ソウル麻浦(マポ) 区西橋洞(ソギョドン) にあるstay.round.GEE(ステイラウンジ) で、計7部作のウェブドラマ「マイ・オールド・フレンド」の制作発表会が開催され、イ・ハンジョン監督を皮切りに俳優ムン・チャンギル、AOAのユナなどが出席した。

今回のウェブドラマが3度目の演技挑戦であるユナは、大先輩との呼吸に「先輩がいたずら好きだ。先に近づいてきてくれて、親しくなった」と話した。

演技と歌手活動の違う点に対しては「演技は一人でするため寂しさを感じる時がある。安東(アンドン) で5日から6日間撮影したが、AOAのメンバーたちがたくさん応援してくれた」と語った。

「マイ・オールド・フレンド」は安東(アンドン) を舞台に、異なる個性と問題を抱えているお爺さんと孫娘が一緒に週末を過ごしながら共感を形成し、友達になっていく過程を描いたウェブドラマだ。

14日からNAVER tvcastを通じて配信される。