中小企業の3割強が従業員の兼業・副業を認可 働き方改革が影響

ざっくり言うと

  • 中小企業の3割強が従業員の兼業・副業を認めていると発表された
  • 政府の働き方改革が影響し、中小企業では容認する動きが始まっているという
  • 従業員の収入が増え、定着率が向上することなどが積極推進の理由とのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング