うるさいっ!! 生理中の彼女に「絶対言ってはいけないこと」5つ

写真拡大

生理中は情緒が不安定なため、ちょっとした言葉でイライラしたり、落ち込んでしまったりもするものですよね。そんな生理中の彼女に「彼氏が言ってはいけないこと」について、女性のみなさんに聞いてみました。

■生理痛を軽く見ているような発言

・「『そんなに痛いの?』。無神経な発言だから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「『生理痛があったって死にはしないでしょ』といった軽視するような発言」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

生理痛の痛みは人それぞれです。人によっては、起き上がるのもつらいほど痛みを感じることも。そんな生理痛を軽く見るような発言は、彼女をイラつかせるだけではなく、思いやりがないと幻滅されることにもつながりかねません。

■ニオイに関する発言

・「『くさい』とかニオイのことは、本人も気にしているのでタブー」(26歳/不動産/事務系専門職)

・「『くさい』。生理は自然現象で、なりたくてなっているものじゃないんだから、『くさい』は暴言だと思う」(30歳/その他/販売職・サービス系)

女性としても、生理特有のニオイがしてしまうのではないかとヒヤヒヤしてします。十分に気を使っている状態だからこそ、ニオイに関して指摘されると、とても嫌な気持ちになるものです。

■イライラしていることに関する発言

・「『イライラすんなよ』とぶっきらぼうに言うこと。気持ちがわかってないから」(27歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「『生理だからイライラしてるの?』とかデリカシーのないこと」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

生理中は情緒不安定になる女性も多く、イライラしてしまうもの。だからといって「イライラするな」とか「生理のせいでイライラしてるんだろ」とか言われてしまうと、余計に苛立ってしまうもの。デリカシーのない発言は、やはりNGですね。

■生理が始まったことを責めるような発言

・「『なんで今日なの?』と言う。自分で決めているわけではないから」(29歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「旅行の日に来てしまって、『なんで今日なの?』と言われた」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

彼の気持ちもわからなくもありませんが、思ったことをそのまま言ってもいいというわけではありません。生理が始まったことを責められても、女性としてはどうすることもできないですし、その無神経さに腹が立つだけでしょう。

■だらけていることを責めるような発言

・「『何だらけてんの?』って言葉。本当に痛いのでイラッとする」(28歳/金融・証券/営業職)

・「『もっと家事をしてよ』とは言われたくない」(31歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

生理中は体が重くてだるいと感じる女性も多く、家事などが手につかない場合もあるでしょう。そんな様子を見て、だらけていると責められると、悲しい気持ちになってしまいそうですね。

■まとめ

生理中に、思いやりのない発言やデリカシーに欠けるような発言をされると、大好きだったはずの彼が嫌に思えてしまいそう。とはいえ、単純に生理のつらさや痛みを彼が理解できていない場合もありますので、どれくらいつらいのかをきちんと伝えるようにすると、対応も変わってくるかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月21日〜12月9日
調査人数:105人(22〜34歳の女性)