「第16回わが心の大阪メロディー」のリハーサルより、パフォーマンスを見せるX4/(C)NHK

写真拡大

本日12月13日(火)、NHK総合にて「第16回わが心の大阪メロディー」(夜7:00-8:43)が生放送。同番組に初出演する音楽グループ・X4の本番前取材会がNHK大阪ホールで行われ、朝ドラ「べっぴんさん」に出演中でリーダーのYUYA(松下優也)、T-MAX、KODAI、SHOTA、JUKIYAが登壇し、本番を控えて心境を語った。

【写真を見る】X4は、俳優としても活動するYUYA(松下優也)を中心に'15年に結成された。番組では「恋のバカンス」を歌う/(C)NHK

YUYAは「(「ぺっぴんさん」で演じる)栄輔で知ってくださった方にも、栄輔はこういうグループもやっているんだと知ってもらえる機会だと思うので楽しんで頑張ろうと思っています」とコメント。

そして「X4がデビューして1年ちょっとなんですが、フレッシュさをお届けできたらと思います」と意気込んだ。

YUYAは「べっぴんさん」でヒロイン・すみれ(芳根京子)に切ない思いを寄せる栄輔役を好演。物語から姿を消した後は“栄輔ロス”として話題に。記者から“栄輔ロス”を街中で言われるかと聞かれ、「SNS上で知るぐらいで、僕が体感できていないんです」と答えた。記者からまだ“出演中”ということでいいのかと問われ、「いやーどうなんでしょう…。皆さんが“栄輔ロス”とNHKさんに言ってくださったらあるかもしれません」と再登場を希望した。

本番組では芳根京子と再会。初めてX4としての姿を初めて見せる心境を聞かれた松下は「本領発揮するぜと…(笑)。栄輔が本領発揮できていないわけではないんですが、普段の僕の姿がX4なので、それをお見せできるのはうれしいです」と回答。

すみれに失恋したが、芳根本人には振り向いてもらえるようにしますか?と聞かれると「すみれさんは紀夫(永山絢斗)一直線なので…。芳根さんにX4に少しでも興味を持ってもらえるように」と語った。

「わが心の大阪メロディー」は視聴者から寄せられたリクエストをもとに、心に残る大阪の名曲をアーティストが熱唱する。12月13日(火)には、オーロラ輝子や上沼恵美子、河島亜奈睦、くいだおれ太郎、小林幸子、竹内力、天童よしみ、水谷千重子、矢井田瞳らが出演する。

ゲストは「べっぴんさん」から芳根京子、蓮佛美沙子、菅野美穂。司会は中村玉緒、藤井隆、小田切千アナウンサーが務める。

X4の他メンバーのコメントは以下の通り

T-MAX:生放送は初めての体験で、しかもNHKの歴史のある歌番組に出させていただくということで緊張していますが、楽しんで、すごいパワーを皆に見せられたら。

KODAI:すごく緊張していますが、見ていただいた皆さんに、「こんなグループはがいるんだ」と知っていただけるきっかけになれば。

SHOTA:今年X4に加入させていただいてから、初めてのことが多かった1年の締めくくりでこんな特番に出させていただけるということで感謝しています。自分の持っている全てのものを思いっきりぶつけて楽しんでいけたら。

JUKIAは:生放送でめちゃくちゃ緊張していますが、全力でメンバーと楽しんでいきたいと思っています。

X4は大阪出身の作曲家・宮川泰による「恋のバカンス」('63年)を披露する。