休日に会ってもらえない“金曜日の女”とは?

写真拡大

 こんにちは、東京姉妹・くるみです。

 今回はちょっとディープなお話をしようと思います。

 くるみのお友達にこんなコがいます。彼女自身、既婚者なのですが、家庭の外で恋愛をしていて、毎週金曜日に飲みに行って夜を共にする相手がいるんです。

◆優しい旦那がいるのに帰ってこない妻……

 彼女の旦那さんは建築系の会社経営者で、金曜に妻が帰ってこないことをとがめるどころか、毎日朝食・夕食を作ってくれるくらい優しくて理解のある男性です。

 先日、酔っ払って帰った彼女が家のフローリングでモドしてしまい、それを何も言わずに掃除して寝かせてくれたそうです。なんとお出来になる旦那様なんでしょう。

 白金在住、子供は小学5年生と中学2年生の2人。先日、彼女のお財布が変わっていたので聞いてみると、旦那とエルメスに行ってお財布がほしいと伝えると、その場で現金で買ってくれたそうです。

 そんな何不自由ない彼女ですが、家庭の外で恋愛をする理由は「恋愛体質だから」だそう。少し前にも「大好きな彼氏にフラれた」と、悲しみを引きずっていましたが、最近ではもう新しい彼氏ができて、毎週、金曜日に会っているようです。

 そして、「私はどうせ金曜日の女だから」と少し嘆いた様子でもありました。その新しい彼氏はというと、彼も既婚者で会社経営者。お金には不自由をしていなく、たまたま友人と飲んでいた麻布十番のバーで出会ったそうです。
◆“金曜日の女”になっていいのは人妻だけ!

 土日がお休みなので、普通ならやはり金曜日は飲みたい気分でしょう。そんな飲みたい気分の金曜の相手として毎週、選ばれるなんて光栄だと、くるみは思うのです。「どうせ金曜の女だから……」と言いますが、あなた既婚者じゃないですか! と。

 彼女のケースはお互いに既婚者で、遊びの関係だからまだいいのでしょう。

 彼女と違ってお互い未婚でフリーの場合、金曜に会う以外、土日などの休日に会ってもらえないのはちょっとどうかと思いますが、お互い既婚者ならば、まったく問題ないです。むしろそこまでに留めておくほうが健全でもあるかもしれません。もっと頻繁に会って、離婚や慰謝料の問題になったら、本人たちだけでなく、家族も巻き込むことになってものすごくエネルギーを使いますからね。

 もしあなたが未婚でフリーなら、話は別! こんな遊びは絶対にオススメしません。ましてや“金曜日の女”になってはいけません。

◆未婚で“金曜の女”にされちゃうタイプ

 当たり前ですが、いいなぁと思っている人がいるなら、なるべく昼間のデートを心がけてくださいね。夜にお酒を飲みに行くだけの関係、いわゆる「飲み友達」から「恋人」へ発展する道のりはとても険しく、成就することはまずないと言ってよいでしょう。例えば、3回に1回程度は昼間に会う時間を作ることが必要です。

 くるみは以前、一緒に合コンを何度も企画し、2人で仲良く飲みに行ったり、身体の関係もあった飲み友達の男性に告白されたことがあります。くるみが遊びの真っ最中だったので、お断りしたら、彼は身を引き、今では結婚して子供もいるようです。今、思えば真面目なヤツだったなぁと思うのですが、当時、男の飲み友達が何十人もいたくるみにとって、彼は「one of them」だったのです。

 なので、もし皆さんに好きな人がいるとしたらその人のone of themになってはいけません。そのために、わざわざ休日の昼間に時間を割いてもらう特別な時間が必要なのです。

 人生やはりタイミングがすごく重要。フリーの皆さんは金曜日の女にならないように、ステキな恋愛をしましょうね。

 くるみでした!

<文/くるみ>
東京姉妹・くるみ●合コン参加回数300回以上の経験から恋愛のプロとして「AM」や「女子SPA!」などのウェブメディアで連載を持つ人気ライター。妹・知恵と共にブログ「東京姉妹」、オンラインサロン「恋愛市場で勝ち抜く!東京姉妹の最強モテ道場」、「モテ最適化クリニック」、「恋学」を運営