このほど、綿棒2本を箸代わりに食事をする医師の写真が、湖南省人民医院のスタッフの微信のソーシャル機能「モーメンツ」で話題となっている。

写真拡大

このほど、綿棒2本を箸代わりに食事をする医師の写真が、湖南省人民医院のスタッフの微信(Wechat)のソーシャル機能「モーメンツ(朋友圏)」で話題となっている。その写真で箸代わりに綿棒を使っていたのは、同医院耳鼻咽喉頭頸外科の副科長周建波・博士。周副科長が綿棒を使っていたのは、デリバリーのスタッフが箸を入れ忘れたわけでも、家族が食事だけ持たせて箸を入れ忘れたわけでもなく、指先の器用さを鍛える特別なトレーニングをするためだという。紅網が伝えた。

【その他の写真】

周副科長は、「外科医にとって、指先の器用さは手術の精度を左右する重要なもの。細くて小さい綿棒を使って食事することで、指先の技術を鍛えることができる。つかむものが小さいほど、より繊細な指先の動きが求められる。このトレーニングを始めてもう2年ほどになる。最初はなかなか思うように食べ物をつかめず、普通に食事するときの1.5倍の時間がかかっていたが、今では普通の箸と変わらないくらい器用に食べ物をつかめるようになり、さらには両手で4本の綿棒を使って食べ物をつかめるようになった」と話した。

周建波・副科長は綿棒を使って食事をするだけでなく、針と糸で葡萄の皮を縫うことができる。

また、周副科長は、「綿棒で食事する以外にも、普段は針仕事を行っている。糸を針の穴に通す作業によって指先の器用さを鍛えており、大学時代からこの習慣を続けている」と語った。

綿棒での食事や、針仕事以外にも、周副科長はまだ特殊な技を持っている。それは葡萄の皮を縫うというものだ。周副科長は私たちにその技を特別に披露してくれた。まず手術用のメスで葡萄の皮を切り開き、手術用の針と糸で使って葡萄の皮の切り口を合わせ、縫合し、結び目を作った。周副科長は器用な指先の技術によって、葡萄の皮を破ることなく、さらには縫い目もきれいにそろえた。周副科長は、「このようなトレーニングは手、目、脳を同時に使う訓練となり、さらに指先の精確なコントロールを鍛えることができる」と話した。(提供/人民網日本語版・編集YK)