写真提供:マイナビニュース

写真拡大

富士重工業(スバル)は12月13日、新型「シフォン」を発売した。

新型シフォンは同社のモアスペース系の軽自動車として、クラストップレベルの室内空間が特徴。両側のスライドドアに加え、助手席側にはBピラーをドアに内蔵したミラクルオープンドアを採用することで、1490mmの大きなドア開口部を実現した。安全面では、新開発のスマートアシストIIIを全車に標準装備。ステレオカメラを採用することで、作動速度域の拡大や対歩行者への緊急ブレーキの作動、ハイビームアシストなど、安全性をさらに高めた。

価格は「シフォン」が128万5200円〜154万4400円、「シフォンカスタム」が161万7840円〜187万3800円となっている。

(神山翔)