チャン・グンソク、マカオ国際映画祭に広報大使として参加…レッドカーペットイベントを盛り上げる

写真拡大

“アジアプリンス”チャン・グンソクが「第1回マカオ国際映画祭(International Film Festival&Awards Macao, IFFAM)」のスタートを知らせる開幕式に、広報大使兼映画人として参加した。

マカオ国際映画祭のタレント部門の広報大使として抜擢されたチャン・グンソクは今月8日、映画祭のレッドカーペットイベントに出席した。海外ファンたちの歓呼と共に現場に現れたチャン・グンソクは、センスある話術と自信ある姿でレッドカーペットイベントの現場を盛り上げた。

この日、チャン・グンソクは開幕式中に映画「暗殺」、「タチャ イカサマ師」、「10人の泥棒たち」を演出したチェ・ドンフン監督、中国を代表する女優チャン・ツィイー(章子怡) と共に広報大使の感謝牌をもらうなど肩を並べ、アジア最高のスターとしての位置を固めた。また抜群の英語力で「第1回マカオ国際映画祭を通じて皆様に会うことができて大変嬉しく、光栄だ。皆がこの映画祭を楽しんでほしい」と感想を伝えた。

それだけではなくチャン・グンソクは、監督としても今回のマカオ国際映画祭に参加した。チャン・グンソクが演出した短編映画「偉大なる遺産」と「大加小学校」が映画祭期間に紹介され、2本の短編映画が開幕前に完売されるなど彼の高い人気を証明した。

これにチャン・グンソクは2本の映画上映が終わった後、観客たちと共にしたGV(観客との対話) 時間で、映画に対する率直な考えを観客たちと共有し、意味深い時間を持った。