「浪漫ドクターキム・サブ」ソ・ヒョンジン、ついにハン・ソッキュの過去を知る

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「浪漫ドクターキム・サブ」でソ・ヒョンジンがハン・ソッキュの過去を知るシーンが描かれた。

韓国で12日に放送されたSBS月火ドラマ「浪漫ドクターキム・サブ」第11話では、ユン・ソジョン(ソ・ヒョンジン) がキム・サブ(ハン・ソッキュ) の過去を知る内容が描かれた。

ソジョンはキム・サブの部屋で、偶然98年度入学生チャン・ヒョンジュの学生証を見つけた。キム・サブは、勝手にチャン・ヒョンジュの学生証を持っているソジョンの姿を見て不愉快に思ったが、結局ソジョンはキム・サブの過去が知りたくなった。

ソジョンはオ・ミョンシム(チンギョン) のところを訪ね、キム・サブについて聞いたが、ミョンシムはよく知らなかった。ソジョンは98年に入学した先輩のところを訪れ、チャン・ヒョンジュについて聞き、キム・サブが巨大病院を辞めた時期とチャン・ヒョンジュが死んだ時期が重なっていることを知った。

一方、カン・ドンジュ(ユ・ヨンソク) はト・ユンワン(チェ・ジノ) にものすごい待遇を提案された。年俸の引き上げと研究費の提供など良い条件を提示したが、これはトルダム病院に威嚇を与えるためのものだった。危機に瀕したトルダム病院はこれからどうなるか、関心が集まっている。