キム・ヒソン、新ドラマ「品位のある彼女」への期待を示す“人生の両極を経験する人物”

写真拡大

キム・ヒソンがきれいで上品な財閥家の嫁になって帰ってくる。

ドラマ「品位のある彼女」(脚本:ペク・ミギョン、演出:キム・ユンチョル、制作:JS Pictures) は派手な人生を楽しんでいた清潭洞(チョンダムドン) の嫁が財閥の舅の没落、そして夫の裏切りでどん底まで落ちるクールなヒューマン風刺コメディで、韓国で2017年上半期に放送される。これまでどんなドラマでも見たことのない大胆かつ衝撃的なストーリーで上流社会の素顔をそのまま見せてくれる予定だ。

キム・ヒソンは財閥家の嫁で綺麗な専業主婦ウ・アジン役に扮し、たった2枚の写真だけ見ても分かるような格の違う品位と魅力で視聴者の心を鷲づかみにする予定だ。

ウ・アジン役は優れたファッションセンスと着こなし方、皆を気持ち良くさせる優しい性格とガールクラッシュ(女性が女性にハマること) の魅力まで備えたそれこそ完璧な女性だ。彼女がドラマの中で見せてくれる華やかなファッションを見る楽しさはもちろん、見たことのない上流社会の赤裸々な姿も興味をそそると見られる。

「品位のある彼女」からオファーを受け、ウ・アジンの魅力にハマッてしまったというキム・ヒソンは「人生の両極を全部見せることのできる、本当に魅力的なキャラクターだ。誰でも羨むほど派手な人生を生きていた彼女に起きる事件が本当に興味深かったし、そのようなジェットコースターのような人生を毎日演技することでさらに役にハマッている」と伝えた。

続けて「立派な監督さんと脚本家さん、そして俳優やスタッフの皆様が集まったのでとても魅力的な作品が生まれると思う。個人的には新しい姿をお見せできる良い作品だと思っている」と伝え、ドラマに高い関心を見せている。

何よりどんな作品に出演しても完璧な役作りで信頼して見ることができる女優であるため、キム・ヒソンが作り出すウ・アジン役がお茶の間でどれほどの存在感を発揮するか、関心が高まっている。全てが完璧だが、浮き沈みの激しい人生で突然どん底に落ちてしまう今回の人物はキム・ヒソンだからこそ完璧にこなせる役だと言われている。

「品位のある彼女」のある関係者は「撮影する度にキム・ヒソンでないウ・アジンは想像できないほど役と一体になって演技している。俳優はもちろん、スタッフもより一層完成度の高いハイクオリティドラマを作るために努力しているだけに、たくさん期待してほしい」と伝えた。

「私の名前はキム・サムスン」、「私たち結婚できるかな?」、「マダム・アントワン」を演出したキム・ユンチョルプロデューサーと「愛するウンドン」のペク・ミギョン脚本家に韓国が愛する女優キム・ヒソン、キム・ソナが共演する「品位のある彼女」は、韓国で2017年に放送される予定だ。